記事

話題の「トリバゴ」はホントに世界一安いホテル予約サイトか、比較してみた プロが教える「旅の新常識」 - 橋賀 秀紀

1/2

「ねえねえ、もうそのホテルで決まり? じゃあ、予約をする前に……」日本語の堪能な女性がこのように紹介するホテル予約サイトのテレビCMをみたことがあるだろうか? そう、トリバゴ(trivago)である。

 日本語が堪能なこの女性、ナタリー・エモンズさんはアメリカのシンガーソングライター。ジブリ映画で日本に興味をもつようになり、かつて、USJの『ユニバーサルレインボーサーカス』で主役のキャストとして働いていたことがある。

■売り上げの87%を広告費に投入

 トリバゴは売り上げの87%をテレビCMなどの広告費に充てるという。株式会社ゼータ・ブリッジの調査によれば、2015年9月には、関東民放テレビ局の2015年9月のCMオンエア実績の素材別ランキングで名だたる大企業をおさえて第1位となっている。どうりでよく見かけるわけだ。

 このトリバゴとはどのようなサイトなのか。そして本当に安いのかを検証してみたい。

■トリバゴとはどんなサイトなのか

 この記事の読者の多くはホテルをネットで予約していると思う。国内のホテルなら楽天トラベル、るるぶトラベル、じゃらんnetなどなど。海外ならエクスペディアやブッキングドットコムなどがその代表例だろうか。これらのサイトは特定の都市のホテルを最安値から順番に表示する。たしかに、どのホテルに泊まるか決めかねているときに、価格などをもとにホテルを探すことができるこれらのサイトは便利だ。

 しかし、同じホテルに泊まるにしても、ホテル予約サイトによって料金はまちまちだ。そこでホテル予約サイトを横断的に検索し、そのなかで最も安い金額のものから表示しようというのがトリバゴだ。トリバゴによれば「200社以上の予約サイトから世界190ヶ国、約130万軒の宿泊施設の料金を比較」するという。


シンプルなトリバゴの画面

■トリバゴはドイツのベンチャー企業だった

 トリバゴの本社はドイツのデュッセルドルフに置かれている。もともと2005年にドイツの大学の同級生4人によって共同創設されたこの会社は、ほどなくヨーロッパで最大のホテル価格比較サイトとなる。その後、2012年にはアメリカのオンライン予約サイトであるエクスペディアが株の過半数を買い取り買収。2016年12月にはナスダックに上場しており、現在もエクスペディアがトリバゴの約6割の株を所有している。

あわせて読みたい

「海外旅行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  6. 6

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  7. 7

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  8. 8

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  9. 9

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。