記事

音楽ストリーミングサービスPandoraのウェスターグレンCEO、突然辞任の衝撃。混乱続きで経営陣は刷新、チケット事業も売却

1/3

Pandora_Grid_Layered_Final_091316

音楽ストリーミングサービスで伸び悩見続ける米国の「Pandora」(パンドラ)が、創業者でCEOのティム・ウェスターグレン(Tim Westergren)が同職を退任する組織変更を発表しました。ウェスターグレンはCEO職だけでなく取締役も辞任。Pandora取締役は直ぐにCEO探しに取り掛かります。CFOのナヴィーン・チョプラ(Naveen Chopra)が暫定CEOとなります。

Pandoraはまた、社長のマイク・ハーリング(Mike Herring)と、チーフ・マーケティング・オフィサーのニック・バートル(Nick Bartle)も辞任したと発表しました。ウェスターグレンはCEOに返り咲いて15カ月、バートルは2016年10月からわずか9カ月と、短期間でその役割を終えることとなりました。


定額制音楽ストリーミングの急成長によって、事業が低迷し続けるPandora。今月始めには、デジタルラジオの最大手「Sirius XM」(シリウスXM)から4億8,000万ドル (約532億円)の資金を新たに調達し、ビジネスの立て直しを図ることを発表したばかりでした。
TimWestergren

■関連記事:Pandora Strengthens Balance Sheet and Sharpens Focus on Core Priorities(Pandora)

この戦略的提携によって、Sirius XMはPandoraの株式19%を取得、取締役会で会長を含む3人の役員を選出する役割を担うことが発表され、Pandoraの取締役会のシートは現在の5名から9名に拡大することが、今回のウェスターグレンの辞任と、取締役会のシェイクアップに大きな影響を与えたと見て間違いないでしょう。Pandoraの経営陣で今後大きな変化が見られると予想されます。

17年前の2000年にPandoraがまだ「サベッジ・ビースト・テクノロジーズ」という企業名だった時の創業者の一人、ウェスターグレンの辞任は、音楽ストリーミングという分野で、リスナーデータ解析や自動レコメンデーション技術などでいち早く成功したパイオニア企業であるPandoraが、創業以来、最大の分岐点に立っていることを意味しています。

「音楽リスニングを永遠に変えた」Pandoraは、わずか数年で孤立無援にまで追い詰められているのが現実で、もはや経営にメスを入れる道をえらばなければならないほど、見通しは明るくありません。

近年、SpotifyやApple Musicなど定額制の音楽サービスの急成長に追いつけず、業界内で遅れを取ってきたPandoraにとって、喉から手が出るほど欲しかった資金援助は、今後のビジネスだけでなく、経営にもますます影響をもたらしそうです

あわせて読みたい

「Pandora」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  3. 3

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  5. 5

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  6. 6

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  7. 7

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  8. 8

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  9. 9

    東名事故容疑者 恋人前だと豹変

    NEWSポストセブン

  10. 10

    好景気も恩恵受けるのは株主だけ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。