記事

衰退著しい音楽配信サービス「Pandora」、経営難で海外拠点が消滅

pandora_new_logo

経営トラブル続きでCEOや社長が辞任したラジオ型音楽ストリーミングサービス「Pandora」(パンドラ)は、思っている以上に深刻な状態にあるのかもしれません。Pandoraは、米国以外で唯一海外展開しているオーストラリアとニュージーランドの事業を停止することを認めました。

音楽メディアBillboardに対してPandoraのスポークスパーソンは次のように撤退を説明しました。

オーストラリアとニュージーランドの市場では広範囲なビジネスチャンスを長期的な視点で強化した一方で、短期的には私たちはアメリカ国内における事業の拡大に意識を集中させる必要があります

オーストラリアとニュージーランドでは数週間以内にサービスが停止します。

関連記事  音楽ストリーミングサービスPandoraのウェスターグレンCEO、突然辞任の衝撃。混乱続きで経営陣は刷新、チケット事業も売却

2012年にオーストラリアとニュージーランドでPandoraの立ち上げを指揮して以来、同地域を統括してきたマネージング・ディレクターのジェーン・ハクスリー(Jane Huxley)は今年3月に同社を去っています。ハクスリー時代の5年間でPandoraが同地域で獲得したリスナー数は500万人以上でした。

オーストラリアでは、音楽ストリーミングサービスがいくつか苦戦しています。2016年には「Guvera」と「JB Hifi」が、2017年に入って「Deezer」もオーストラリアから撤退を発表。十分なリスナーや広告主をつかめず、ビジネスの継続が難しくなっていました。



ソース
Pandora Is Winding Down Operations in Australia and New Zealand (Billboard)
Pandora’s Head of Australia & New Zealand, Jane Huxley, Leaving Company (Billboard)

あわせて読みたい

「Pandora」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  5. 5

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  8. 8

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。