記事

質屋アプリ「CASH」が一日でサービスを停止した、たった一つの理由。

1/2
先日公開された「CASH(キャッシュ)」というアプリが公開翌日にサービスを一時停止したと話題になっている。
狂ったサービスに相応しい初日じゃないだろうか。質屋アプリ「CASH」を提供するバンクは今朝未明、同サービスの査定を一時停止した。
出典:質屋アプリCASHが査定停止、開始16時間で3.6億円以上のアイテムをキャッシュ化ーー集荷依頼アイテム数は7500個に - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) 2016/06/29
「CASH」はスマホで撮影したブランド品の洋服やスマートフォン等のガジェットを換金できる質屋アプリだ。「質屋」というのがポイントで、まずは質に入れるものをスマホで撮影する。撮影された写真から査定を行い、査定額はすぐに提示されお金もすぐに受け取り可能だ。

それに対して利用者はお金を受け取り、2か月以内に返金するか、質に入れたモノを送ってお金は受け取るか、いずれかの対応になる。

返金すれば一時的にお金を借りる形となるが、その場合は15%の手数料が取られるという。モノを送れば買い取りと同じだ。瞬時に換金できるユニークなサービスとして瞬く間に話題となり、なんとサービスを開始した6月28日には7000件を超える査定と3.5億円の現金化の申し込みがあったという。

同社は対応できるキャパシティを超えたとして現在サービスを一時停止し、CASHを運営する株式会社バンクはお詫び文を掲載することとなってしまった。( CASH 査定機能一時停止のお知らせ 株式会社バンク 公式リリースより 2017/06/29)

サービスが停止した理由はすでに説明した通り、想定を超える申し込みが殺到してしまったことが直接的な原因となるが、自分はサービスの内容を知った瞬間「これは確実にトラブルが起きる」と直感した。

■CASHをヤバイと直感させた、かつて破綻したインターネット企業。

CASHの利用体験については、FPの山崎俊輔氏がレポートを書いている。

昨日の時点でフェイスブックでも友人としてつながっている山崎氏が面白そうなアプリがあるからさっそく体験レポートを書いてみようか、とコメントをしていた。

CASHはその時点ですでにSNSで話題になっていた。同時にこのサービスは明らかに危険ということも感じていたので、山崎氏の書き込みに以下のようにコメントした。

「仕組みを見る限り利用者は今のうちにガンガン行け、事業者は正直やめとけ、という感じです。」

この書き込みの意図は言うまでもなく、今起きているような買い取り依頼が殺到した際に対応できるか疑問があったからだ。売りたい人は今のうちに売れ、一方でハイリスクすぎる事業に会社の側は耐えられるのか、というのが上記の書き込みの意図だ。

公表されているインタビューではCASHを運営する株式会社バンクの社長・光本勇介氏は過去にSTORE.jpというサービスを運営するブラケットに経営参画し、ゾゾタウンを運営するスタートトゥデイに事業売却をしている起業家だ(ブラケットはのちにMBOで買い戻している)。

経営者として経験値も能力もきわめて高いと思われるが、このアプリを運営する株式会社バンクの資本金は600万円、人員は役員も含めて5人。ネットを通じて買い取りを行う企業としてはあまりにも心もとない。(【インタビュー】「モノを瞬時に現金化」新サービスCASHの仕組みは?光本代表に聞くFashionsnap.com 2017/06/28より)

そしてCASHのビジネスモデルをから想起したのが、かつてインターネットバブルで破綻した会社だ。

■資産運用のバイブルで指摘されていた、CASHの弱点。

資産運用のバイブルとも呼ばれる「ウォール街のランダムウォーカー」という書籍がある。アメリカで40年前から版を重ねてきた名著だ。同書では、オランダで発生した史上初のバブルと呼ばれるチューリップバブルから(チューリップの球根が常軌を逸するほど値上がりした)、20世紀末に発生した当時史上最大と呼ばれたインターネットバブルまで、さまざまな歴史上のバブルに関する記述がある。

ITバブルとも呼ばれた2000年前後、企業は会社名に「ドットコム」「ドットネット」「インターネット」とつけるだけで株価が高騰した。そしてアマゾンのような現在も生き残る優良企業ですら、バブル崩壊後には90%以上の株価下落に見舞われるなど、史上空前のバブルが発生し、そして崩壊した。

そんな企業の中で破綻したIT企業の一つとして紹介されているのが「スワップイット・コム」だ。

同社のビジネスモデルは以下のように茶化した(バカにした)表現で紹介されている。
1.まず私が同社にCDを送付する。
2.同社からは見返りに無価値の「スワップイット通貨」が送られてくる。
3.そして同社は倒産する。
4.私は騙される。
これは素晴らしい。よし契約しよう。
出典:ウォール街のランダムウォーカー バートン・マルキール 日本経済新聞出版社
ここでいう「スワップイット通貨」はおそらく買い物に利用できるTポイントとか楽天ポイントのようなものだと思われる。ただ、同社が破たんしてしまえば価値はゼロだろう。

CASHが支払いを約束したものはポイントではなく現金であるため、このケースとは異なる。今後7000件超、3.5億の支払いに対応ができるのか、そしてどれくらいの期間がかかるのか、現状では不明だが、著者のマルキールが指摘する以下のようなリスクはCASHにそのまま当てはまる(イーベイは過去に日本にも上陸したことがあるヤフオクのようなネットオークションサービス)。
イーベイ(eBay)やグーグルのビジネスモデルの卓越性は、自分では一切在庫を抱えないところにある。これに対してスワップイットの場合は全ての在庫と契約履行責任の両方を、自分で抱え込んでしまったのだ。
出典:ウォール街のランダムウォーカー 同上
CASHのビジネスモデルを見た瞬間にヤバイ、と感じた理由はマルキールの指摘と同じだ。IT系企業のビジネスモデルは、本来ならば物理的に人が介在する作業(電話や郵送など)を無くしてしまう、あるいは限界まで簡素化することで仲介にかかる手間を減らし、コストを軽減することが強みとなるものが多い。ヤフオクのようなオークションサービスがこれにあたる。

マルキールがあげるグーグルも、本来ならば本を買ったり図書館で調べなければ手に入らない情報を、関連するワードを打ち込むだけで調べられるという「人と情報の仲介」をほぼゼロコストで行う(実際はそれなりにコストがかかっているが、利用者×利用回数あたりに直せばゼロに近い)。

このように、ネットを利用した「仲介」がITサービスの肝となる。

あわせて読みたい

「アプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  2. 2

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  3. 3

    都顧問 小池都政なければ大混乱

    上山信一

  4. 4

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  6. 6

    戦略的投票を推奨する朝日に疑問

    和田政宗

  7. 7

    元SMAP3人VSジャニーズの報道戦

    文春オンライン

  8. 8

    約30年ひきこもり 就労までの道

    PRESIDENT Online

  9. 9

    情勢調査が有権者に与える影響

    AbemaTIMES

  10. 10

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。