記事

がん検診仕様書違反 青森の医療のレベルが低いってこと?

NHKで流れたこのニュース。(胃がん・大腸がん 検診で“4割見落とされた可能性” 青森県)結構ショックです。

>バリウムによるX線検査を行った胃がんで40%、便に含まれる血を調べる「便潜血検査」を行った大腸がんで42.9%、子宮の入り口の細胞を調べた子宮頸がんで28.6%に上ることを示す分析結果がまとまりました

バリウムは正直技師さんが上手じゃないと本当に早期の胃がんは診断できないんですよね。それゆえ疑わしきは内視鏡といったことを昔はよくおこなっていました。やはりもう胃がん検診は内視鏡、またピロリ抗体+ペプシノゲン検査法の方が良くないかな。

>「地域がん登録」システムのデータが整ってきたことなどで可能になった

そう今まで日本が遅れてきたデータの蓄積管理ができてこなかったことから、この事実がわからなかったのです。

>平成27年度に検診を委託する医療機関などと必要な項目が記載された詳細な「仕様書」を確認していた市町村の割合は49.5%と半分以下

結局仕様書に沿った検査を医療施設がやってなく、それを行政も指摘しなかったということですよね。だから検査自体の精度が悪い?だから見落とし?

また大腸がん検診にどこにミスが入るのかと思ったら、以前の記事

>一部の自治体では大腸がんの一次検診で、便に血が混じっていた人には、本来、内視鏡による精密検査をしなければならないのに、もう一度同じ検査をして、血が混じっていなければ内視鏡による検査をしないなど方法が不適切な医療機関があった

うーん、これ気持ちはわかるんだけど国家試験レベルの問題だよな。 それだけでアウト。

がんによる死亡率が12年連続で全国最悪の青森県の原因がこの検診の精度の低さとしたら悲しいな。医療レベルが低いということとほぼ同じ意味だものな。他の県はどうなのかな。医療レベルと相関しているのかな?

ただ一応言い訳しときますけど

>検診を受けて異常なしと判定されたのに1年以内にがんと診断された人を見落としの可能性があると定義

であって、本当に見落としたのかどうかはわかりませんからね。もしかすると青森県の胃がんや大腸がんは他県より増殖速度が速い、悪性度が高いっていう可能性もありますからね。 まあ確率は低いと思いますが。

あわせて読みたい

「がん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    避難所確保を 蓮舫氏意見に返答

    和田政宗

  2. 2

    安倍首相は危機管理に向いてない

    菅直人

  3. 3

    格差を再生産する学歴フィルター

    城繁幸

  4. 4

    水道民営化法案やっている場合か

    ビデオニュース・ドットコム

  5. 5

    迷惑な千羽鶴問題は実在するのか

    赤木智弘

  6. 6

    よしのり氏がオウム新事実に怒り

    小林よしのり

  7. 7

    サニーデイ訃報に「言葉出ない」

    カトキチ

  8. 8

    よしのり氏驚き オウムとの戦場

    小林よしのり

  9. 9

    悪徳スカウト 中高年女性も標的

    NEWSポストセブン

  10. 10

    NHKネット配信で受信料値上げも

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。