記事

【タカタ破綻】 最大の債権者がアメリカ合衆国だった理由

6月26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したタカタ(株)(TSR企業コード:295877413、東京都)。同社の債権者のトップにいきなりアメリカ合衆国の名前が上がったことが話題になっている。

 タカタの「再生手続開始申立書」(以下、申立書)によると、債権者のトップはアメリカ合衆国。債権額は415億6932万円となっている。次いで、債権額が大きいのはトヨタ自動車(株)(TSR企業コード:400086778、愛知県)の266億2723万円だ。申立書の債権額には、各自動車メーカーが負担しているリコール費用は基本的に含まれていない。
 関係筋は、「アメリカ合衆国が最大の債権者になるとは思っていなかった。これが一般債権者への弁済に影響を与えないか心配だ」と懸念を示している。

タカタ製エアバッグのユーザーに届いたリコール通知

タカタ製エアバッグのユーザーに届いたリコール通知

アメリカ司法省との合意

 タカタは2017年1月13日(米国現地時間)、以下の3点についてアメリカ司法省と合意している。
(1)自動車メーカーに対する試験データの報告不備について罰金2500万ドルを支払う
(2)インフレーターの被害者への補償基金へ1億2500万ドルを拠出する
(3)自動車メーカーへの補償基金へ8億5000万ドルを拠出する

 タカタの担当者によると、こうした罰金等の支払い先はアメリカ司法省だ。申立書では、罰金2500万ドルと被害者への補償基金1億2500万ドルは支払い済みだが、8億5000万ドルは履行期限が2018年2月27日になっており、民事再生法の申請時点では全額が履行されず残っている。

支払い状況と415億円の理由

 タカタでは、3つの賠償金と補償基金への拠出金の総額は、タカタとアメリカ現地法人であるTK HOLDINGS INC.(ミシガン州、以下TKH)でほぼ折半という。このため、タカタが履行すべき金額415億円がアメリカの債権として申立書に記載されたことになる。
 すでに履行されている罰金2500万ドルはタカタが、また、被害者への補償基金1億2500万ドルはTKHが支払っている。

あわせて読みたい

「タカタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

  5. 5

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  7. 7

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

  8. 8

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  9. 9

    日本への非難続ける正恩氏の思惑

    高英起

  10. 10

    景気回復を妨害してきた消費増税

    tenten99

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。