記事

エクストリーム経営 〜 プログラマのプログラマによるプログラマのための経営

1/2

「心はプログラマ、仕事は経営者」プログラマである自分が働きたいと思える会社を作りたいと思って経営をしてきた。結果として、セルフマネジメントでフラットで自己組織化された組織、最近だとホラクラシーと呼ばれるような経営をしている。

いい会社だと言ってもらえることもあって誇らしく思うのだが、果たして本当に良い会社かどうかはわからない。価値観に合致するプログラマにとっては良いかもしれないけれど、合わない人や他の職種の人にとっては全然ダメな会社かもしれない。

よく取材などでも聞かれるが、今の経営スタイルは、たいそう立派な理念や理想があって実現した訳ではなく、プログラマである自分自身が苦手なことをせずに済むように、逆に出来ることと得意なことは徹底的に活かそうとしてきたに過ぎない。

思い返せば、徹底的に極端にしてきたことが功を奏したことから、この経営スタイルは、もし名付けるなら「エクストリーム経営」と呼べるのかもしれない。
(これはもちろん「エクストリームプログラミング」から連想した言葉だ)

プログラマが苦手なことはしない

私たちの会社では、メンバー各々がフリーランスでもやっていけるだけの実力や人脈がありつつも、全て一人でやりたい訳でなく、それぞれが得意なことに専念するために会社というチームを組んでいる。逆に言えば苦手なことは、あえて頑張らない。

まだ若いうちは苦手なことも矯正して直すこともできるかもしれないが、もういい大人になってから人はそんなに簡単に変われない。だったら、いっそ得意なことを伸ばして成果を出した方が合理的ではないだろうか。

苦手なことを克服するのは楽しいことでもあったりするのだが、それはレジャーとしてやれば良いし、克服して得意なことになってから成果を出せる仕事にすればいい。

経営に関しても同じだ。あまり一般的な経営者のような経営はしていないように感じる。一般的な経営をしたことがないので、実際のところはわからないが、月末や期末だからと忙しいこともないし、資金繰りに追われて銀行回りをしたこともない。

そういったことはプログラマである私にとって苦手な仕事だ。そうした苦手な仕事を、いかに避けてきたのだろうか。

数字が苦手。数字を気にしない経営

私は数字が苦手だ。表に並んだ大量の数字など目眩がする。プログラマは一つ一つの数字よりも、ロジックで考える方が好きな人が多いのではないだろうか。もう数年来、経営者をしていて少し恥ずかしいが、財務諸表を読むのは今でも苦手だ。

また、営業的な意味での見積もりも苦手だし、数字で示された目標のために頑張ることも苦手だ。だから、数字を気にしないでも出来る経営に取り組んだ。

例えば、「納品のない受託開発」や自社企画の「Remotty」、どれも月額定額でお金を頂くビジネスモデルにしている。こうすることで価格はメニューになっているから、相手の予算を想像して見積もりをすることがない。受注決裁なんかもない。

月額定額のデメリットは大儲けができないことだ。しかし、安定した売上の見込みが立つことの方が嬉しい。期初に、だいたい1年分の予測を立てることができる。大きな投資もなく、入金されたお金で回していくので、借り入れが要らなくなる。

そして、社員の給与は年俸制にしているし、なるべく資産となるようなモノも所有しない。こうなると、見るべき数字は、毎月入ってくる一定額と、出ていく一定額の状態を把握するだけになる。それは財務諸表というより家計簿に近い。

こうして苦手な数字に向き合わない経営が出来るようになった。

営業が苦手。営業しなくて良い経営

一般的にイメージされるような営業が苦手だ。定期的に顧客のところに訪問して関係を築く。とても大事なことだが、とりたてて用もないのに伺うなんて出来ない。社長の仕事は営業だ、なんて先輩経営者は仰るし、優秀な営業マンはエスキモーにだって氷を売る位にすごいらしいが、とても真似できそうにない。

私たちソニックガーデンの前身であった社内ベンチャーの時代には、テレアポも経験したことがある。プロダクトを売るために、電話番号のリストを購入して、片っ端から電話をかけてアポをとっていく。そもそも電話が苦手だったのに、その上で見知らぬ企業に電話をかけて8割方は断られるというのに心は折れた。

何事も経験ではあったが、最初から向いてないとは思っていたが、やはり向いてなかったし、苦痛だった。そこで、営業しないで出来る経営はないものか考えた。

私たちが採ったのは、自分たちのノウハウを世の中に公開していくという手段だった。プログラマだからオープンソースなどに触れていて知見を公開することに恐れは少なかった。情報だけに価値がある訳ではなく、多くの人に専門家として知ってもらうことの方が価値があると考えた。

それ以来、私たちは自分たち自身をあらゆる角度からコンテンツにしてきた。例えば、全社員リモートワークとか、オフィスを撤廃するというのも、コンテンツになった。その結果、時間はかかったが、外向きの営業活動はしなくても、お問い合わせからお仕事を頂けるようになったのだ。

こうして営業マンのいない会社が出来上がった。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  6. 6

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  7. 7

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  10. 10

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。