記事

今さら聞けない「IoT基本のキ」教えます

三菱総合研究所主任研究員 大川 真史

最近、新聞やテレビで「IoT」の言葉を目にしない日はない。だが「モノ」の「インターネット化」といわれても抽象的でわかりにくい。そこで「IoT」の第一人者にイチから解説してもらった。

IoTは「Internet of Things(モノのインターネット化)」の略語です。ここでいう「モノ」とは、この世界に存在するありとあらゆるモノを指します。たとえばテレビや冷蔵庫などの電化製品や、普段から身につけている腕時計やスマートフォン、デジタルではない洋服や靴、そして私たち自身の肉体などもモノの1つ。さらに踏み込むと、IoTでは私たちの様々な経験(コト)もモノに類するものとして考えます。

一方、「インターネット化」とは、モノやコトがインターネットにつながって情報がやり取りされることを指します。インターネットでやり取りするためには、情報をデジタル化する必要があります。リアルなモノやコトについている情報はアナログなので、IoTとは、「これまでアナログだったモノやコトの情報を、デジタルで表現してやり取りすること」といっていいでしょう。

実は、モノをつなげて情報をやり取りするというコンセプトは以前からありました。たとえば、モノに無線タグをつけて情報をやり取りする「RFID(=radio frequency identifier)」、ネットワークでつながれた機械同士がやり取りする「M2M」といった技術がそうです。

IoTはこれらの概念や技術の焼き直しにすぎないのではないかと疑う人もいるようです。たしかにIoTは従来の概念や技術の延長線上にあることは間違いありません。しかし、これまでと違って画期的な点が2つあります。

1つは、自律的に制御されている点です。これまで人類は技術革新で3度にわたる産業革命を経験しました。蒸気機関の発明で動力を獲得した第1次産業革命、電力・モーターの発明で動力が革新された第2次産業革命、そしてコンピュータの発明による第3次産業革命です。コンピュータの登場で、自動化は大きく前進しました。ただ、コンピュータを活用するには、人間が情報を入力したり分析したりする必要があります。

一方、今起きつつある第4次産業革命は、人による制御を必要としません。IoTでユーザーが意識しないうちにモノやコトから情報が吸い上げられ、AI(人工知能)で分析されて、再びモノに伝えられてロボットやスマホが自動で作業をやってくれます。IoTは、単に情報をやり取りするだけでなく、物事を自律的に制御するシステムの一部として機能しているのです。

もう1つは、新しい価値を生み出すという点です。IoTでは、自律的なシステムの中で再びモノの側に戻ってきた情報をもとに、ユーザーに新しいコト(経験)を提供します。様々な産業でサービス化(製品というモノではなく、製品やサービスを利用して得られるコトを提供する)が起きていますが、IoTがそれを後押ししているのです。

これについて具体的に考えてみましょう。自動車業界で今話題になっているのは自動運転技術です。ただ、自動運転が可能になっても、自分で運転しなくてよくなるくらいで、新しい価値を直接生み出すわけではありません。

しかし、そこにIoTが加わるとどうでしょうか。自動運転車と信号機が通信しあって渋滞のない最適ルートが導き出されるなど、新しい交通システムが生まれるかもしれません。あるいは車内でも、移動中にテレビ会議をしたり、写真撮影をして友人とネット上でシェアしたりするなど、これまでとまったく違う時間の使い方が生まれる可能性もあります。

変化がもたらされるのはユーザーの暮らしだけではありません。IoTで新しい価値を提供することが当たり前になると、企業は自社の守備範囲を見直す必要に迫られます。前述したように、自動車メーカーはクルマだけをつくっていればいいのではなく、最適な交通システムや、会議室や撮影スタジオについても精通しなければいけなくなる可能性があるのです。

こうした時代の変化にビジネスパーソンも対応していく必要があります。つまり、自社がIoTを使って新たにどんな製品やサービスを実現できるかを考えるビジネス発想力を磨かなくてはならないのです。

そのために皆さんにまずやっていただきたいことは、マインドセット(考え方の枠組み)を変えること。自らデジタルの世界を体験して、新しい感覚に近づかなくてはいけません。たとえば、LINEやインスタグラムは知識として知っているが、使ったことがないという人は多いのではないでしょうか。心当たりのある人は、いますぐアプリをダウンロードしてください。自らユーザーとして新しいコトを経験することで、IoT時代に対応する第1歩になるでしょう。

三菱総合研究所主任研究員 大川真史(おおかわ・まさし)
大学卒業後、IT企業を経て2006年に三菱総合研究所入社。専門領域は、製造業のサービス化、ユーザー起点の新サービス開発。IoTに関する調査、研究、情報発信を行っている。

(構成=村上 敬)

あわせて読みたい

「IoT(モノのインターネット)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  8. 8

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。