記事

4月の米国債保有高はかろうじて日本がトップをキープ

米財務省が発表している米国債国別保有残高(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES)によると、今年4月の国別の米国債保有高のトップは引き続き日本がキープしていた。

4月の日本の米国債保有高は1兆1069億ドルとなった。2位は中国(China、Mainland)で1兆922億ドルの保有高となった。上位10か国は次の通り(単位、10億ドル)

日本(Japan)  1106.9

中国(China, Mainland)  1092.2

アイルランド(Ireland)  299.9

ブラジル(Brazil)  267.7

ケイマン諸島(Cayman Islands ) 256.8

スイス(Switzerland)  234.1

英国(United Kingdom) 231.5

ルクセンブルグ(Luxembourg )212.1

香港(Hong Kong)  196.6

台湾(Taiwan) 185.6

4月に日本国内の居住者による対外債券(中長期債)投資は4兆2559億円の処分超となり、月次の売り越し額としては過去最大規模となっていた。内訳をみると米国のソブリン債(中長期)を3兆6642億円も売り越していた。ソブリン債とは主に国債のことを示すため、米国債を大量に売却していたのである。このため、4月は場合によると米国債保有高で再び中国に逆転されるのではないかと思われたが、かろうじてトップをキープしていた。

2位中国の外貨準備は2017年1月に3兆ドルを下回っていたが、4月末の外貨準備高は3兆300億ドルと3か月連続で増加し、中国の米国債保有は今年1月以降は増加傾向にある。

6月8日に公表された5月の対外対内証券投資売買契約の状況では、今度は 3兆1074億円の買い越しとなっていた。米国債利回りは5月11日あたりに2.4%台に上昇後、直近では2.1%台にまで低下しているが、これは日本の投資家による買いも影響していた可能性がある。このため、5月の米国債保有高も日本がトップをキープすることが予想される。

あわせて読みたい

「米国債」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  2. 2

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  3. 3

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  4. 4

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  5. 5

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  6. 6

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  7. 7

    本田翼ゲーム実況で業界に変化か

    女性自身

  8. 8

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  9. 9

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  10. 10

    抗がん剤に換わる薬が続々と登場

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。