記事

浅草には「煙あびる」文化も たばこ規制におかみさんがNO

【平日でも外国人など多くの観光客で賑わう浅草・雷門】

 飲食店などでの「屋内禁煙」を定めて法規制(健康増進法改正)の強化を目指してきた国の受動喫煙防止対策は、議論が煮詰まらないまま、ひとまず今通常国会での提出は見送られた。

 塩崎恭久大臣以下、厚生労働省がたばこの規制強化を急いできたのには訳がある。

 2019年のラグビーワールドカップ、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックと立て続けに開催される国際的なスポーツイベントを機に健康増進を掲げ、「WHO(世界保健機関)やIOC(国際オリンピック委員会)から“世界最低レベル”との烙印を押されている受動喫煙対策を進めて汚名返上したい」(自民党幹部)からだ。

 規制賛成派の与党議員の中には、「日本に来る外国人も非喫煙者が多く、日本人のたばこマナーの悪さに不満を持っている人は多い。このままでは、おもてなしどころか、オリンピック時のインバウンド需要に影響が出る」と懸念する向きまである。

 だが、屋内禁煙が当たり前の先進国では外での喫煙は比較的自由に認められているのに対し、日本は自治体レベルでの路上喫煙禁止エリアがどんどん拡大している。さらに飲食店では混雑する時間帯を禁煙にしたり、フロア毎に喫煙席と禁煙席を分けたりと、「分煙」の促進で受動喫煙被害を減らそうとする自助努力が広まっている。

 いまや喫煙率が2割を切った日本で、少数派の喫煙者の肩身は狭く、屋内外問わず遠慮しながら“煙の行方”に気を遣っている光景もあちこちで見られる。

 そんな環境下で、「お上」が罰則つきの法案をゴリ押しし、これ以上、強制的に喫煙者を締め出さなければ解決できない問題なのか──。年間3000万人の人々が訪れる日本有数の観光地・浅草を取材してみると、その疑問はますます膨らんでくる。

「浅草の町は良い意味で皆がバラバラなんです。渋谷や銀座のように大企業が町のカラーを強烈に打ち出しているわけではないし、小さな企業や商店それぞれが『お山の大将』で違った個性を発揮している。だからこそ、来る人を魅了するのだと思います。

 飲食店のたばこ対策も同じです。お茶やお酒を飲んで一服しながらゆっくりくつろいで欲しいと思う喫茶店、居酒屋もあれば、純粋に食事だけを楽しんでほしい昔ながらの蕎麦屋や寿司屋もある。いろいろなオーナーの考え方や接客スタイルの選択肢があってこそ浅草なんです。

 あまり町のルールや禁止事項を厳しくして、整然とさせてしまったら誰も来なくなりますし、何よりも町全体がつまらなくなってしまいます」

 こう話すのは、浅草観光連盟会長で仲見世商店街振興組合理事長の冨士滋美さん。仲見世で煎餅やお菓子などを売る「評判堂」の店主だ。

【分煙ステッカーを配る「浅草おかみさん会」理事長の冨永照子さん】

もちろん、近年は訪日外国人の増加にも伴い「安心・安全と情報公開は欠かせない」(富士さん)と、時代に合わせた取り組みもしている。全国の商店街に先駆けて仲見世にWi-Fi網を整備したり、浅草のイベントがリアルタイムでチェックできるスマホアプリ「365ASAKUSA」を立ち上げたりしたのも、おもてなしの一環である。

 たばこ対策についても、初めて浅草を訪れる人たちが飲食店の喫煙環境が分かりやすいようにと、「浅草料理飲食業組合」や「浅草おかみさん会」からの協力要請を受け、5月より店頭に貼る共通の“分煙ステッカー”を配り始めた。

〈喫煙〉〈分煙〉〈時間分煙〉〈禁煙〉と色分けされた各種ステッカーには、「浅草は、マナーもふくめてOMOTENASHI!」のスローガンとともに、浅草らしいウィットに富んだこんな文言が散りばめられている。

〈喫煙〉浅草には煙をあびる文化もあるし!
〈分煙〉分煙は白黒つけない日本文化!
〈禁煙〉このへんでは数少ない、禁煙の店。

 ステッカー作成に携わった協同組合「浅草おかみさん会」理事長の冨永照子さんも喫煙場所の一律規制強化の方向には断固反対だ。

「浅草は昔から変わらず“下駄ばきで来られる庶民の町”。昼間から一服しながらお酒を飲んでいるお客さんはいるし、たばこが吸えないと分かったら帰ってしまうお客さんだっている。

 もし、たばこの嫌いなお客さんがいたら、お客さん同士で席を交換し合ったり、中座して店外で吸ったりしています。そもそも、喫煙できるか確認してから入店してくるお客さんも増えましたしね。そうやって他人を思いやる人情によっても支えられているんです。だから、浅草には全面禁煙なんて縛りは必要ありません!」

 富永さんが営む蕎麦店「十和田」で話を聞いていると、さっそく「たばこ吸える?」と申し訳なさそうに店内に入ってくる客の姿が……。「国会議員にも浅草の町を1日歩いて、小さな店の現状も知ってもらいたい」と冨永さんは切々と訴える。

 分煙ステッカーはすでに250軒の飲食店に配布。冨永さんらはそれと同時に屋外の喫煙場所新設にも尽力している。浅草での分煙推進活動が日本のモデルになればと、町の組合はここぞとばかりに団結している。

 もっとも、浅草の町民たちは国と違ってオリンピックだけを見据えているわけではない。じつは1964年の東京五輪の後、浅草は長らく「斜陽の時代」に苦しんだ歴史がある。

【人情の町・浅草らしい文言が並ぶ「分煙ステッカー」】

「もともと浅草は映画館や大衆芸能といった歓楽街として栄えてきましたが、東京五輪後にカラーテレビが普及したことや、住環境の充実などもあって、ゴーストタウン化してしまったのです。夜に外を歩けば“5人と犬1匹”しか歩いていないと揶揄されたりもしました。

 もうあんな苦い経験はしたくない──と浅草の商人たちは景気に流されない逞しさを身につけてきたんです」(冨永さん)

 前出の浅草観光連盟・冨士会長もこう話す。

「オリンピックを軽視しているわけではありませんが、付け焼刃的なインバウンド対策では何の効果もありません。浅草の人たちはもっと未来を見て本物の日本文化をどう繋げていくかを考えています。

 例えば、三社祭は氏子が三社様に感謝を捧げる宗教的なお祭りです。それがインバウンド狙いで観光事業化し過ぎれば、外国人向けにアレンジするなどとんでもない行事になりかねません。外国の方は日本の文化や風習に触れたくて来ているのに、自分たちの文化を変えてしまっては意味がないでしょう。

 とはいえ、これからは芯の通った浅草文化をしっかり継承しつつも、いかに観光地として新しいものも取り入れて発展させていくか、難しい課題も抱えています。

 川を挟んだ隣の墨田区には東京スカイツリーもあるので、今後は他エリアと線引きをせずに連携を深め、足りないところを補い合ってさらに浅草界隈の魅力を高めていけたらと思っています。観光客にとっては、台東区や浅草、墨田区といった区分けは関係なく“このあたり”に来るわけですからね」

 受動喫煙対策も、国や自治体ごとに喫煙禁止エリアなどの線引きがあり過ぎて、かえって来街者の混乱を招いている現状がある。「多様性」を尊重しながら町全体の文化や秩序を守ってきた浅草流の心意気。そこから学ぶべきことは多いはずだ。

【浅草・雷門前には「喫煙処」も整備されている】

あわせて読みたい

「受動喫煙対策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  3. 3

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  4. 4

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  5. 5

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  7. 7

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  10. 10

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。