記事

IT業界に永遠に語り継がれる宿命のライバル――スティーブ・ジョブズ&ビル・ゲイツ

1/2

世界を変えた2人の物語

アップルのスティーブ・ジョブズは、そのあまりにもドラマティックなその人生の軌跡から2度も映画化されてる。映画化2回目は「スラムドッグ$ミリオネア」で第81回米アカデミー賞(2009年)の最優秀作品賞を獲得したダニー・ボイルが監督した。

終始ハイテンションで喋りまくるジョブズの姿が印象的だった。また、彼の評伝やドキュメンタリーやインタビューも数多く世に出ているので、かなり多くの方々がジョブズの波乱の人生を知っている。

スティーブ・ジョブズ
『ザ・ライバル』ジョブズVSビル・ゲイツ ~ヒッピーとオタクの対決~より

一方のビル・ゲイツはシアトルの裕福な家に生まれ、ハーバード大学在学中にMicrosoft社を設立。パーソナル・コンピューターのオペレーションシステム(OS)BASICやMS-DOSやWindowsシリーズを開発。世界のコンピューターシステムを制覇して2017年も世界一の大富豪になっている。

いまは経営の前線を退き、主に慈善活動をしている。ゲイツの人生はある種、平坦で映画にもなっていし、ドキュメンタリーも希少で評伝も少ない。

ビル・ゲイツ
『ザ・ライバル』ジョブズVSビル・ゲイツ ~ヒッピーとオタクの対決~より

しかし、このドキュメンタリーはジョブズと対比しつつゲイツの足跡を辿り(たどり)、秘話が満載された貴重な作品となっている。策士でテンションの高いジョブズと、プログラマーで同じく戦略家でビジネストリップにもエコノミークラスを利用するというゲイツの対立と協力関係を描く、おそらく世界唯一の作品である。

ここでまず、何度、振り返っても興味深いので、以下ゲイツとのエピソードも挟みつつ簡単にジョブズの人生の軌跡を記しておく。

20世紀を代表する2人の偉人の35年の物語

ジョブズはシリア人留学生の父と米国人の母の間に誕生したが、当時イスラム教徒と米国人の結婚を認められなかったことから、養子としてもらわれてゆく。長じてゲーム会社「アタリ社」に勤めていたジョブズはインド哲学・東洋思想・瞑想などにのめり込んだ。

1976年、ジョブズは朋友の天才技術者・ウォズニアックと共同でアップルⅠを生み、追加投資を投入を導入し、アップルⅡを生み爆発的に売れる。この製品にはMicrosoftのビル・ゲイツがアップルⅡのために自らが開発したOS・BASICが搭載された。ジョブズは1976年のアップルⅠ発売後からわずか4年後の1980年にジョブズは2億ドルの資産を得ることになる。

 当時アップルは象、Microsoftは蟻(あり)の様な存在だった。

『ザ・ライバル』ジョブズVSビル・ゲイツ ~ヒッピーとオタクの対決~より

あわせて読みたい

「スティーブ・ジョブズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 愛媛県知事の人間性疑う

    鈴木宗男

  2. 2

    総理の関与を証明した加計新文書

    宮崎タケシ

  3. 3

    日大選手が「指示あった」と明言

    AbemaTIMES

  4. 4

    日大会見はベッキー炎上と同構造

    MAG2 NEWS

  5. 5

    武井壮 日大選手の会見に「闇」

    キャリコネニュース

  6. 6

    橋下氏 カンパ募る弁護士は下品

    橋下徹

  7. 7

    能力主義の職場は無能な上司揃い

    非国民通信

  8. 8

    トヨタ社長「生意気」承知で発言

    片山 修

  9. 9

    カンニング竹山 日大選手を擁護

    女性自身

  10. 10

    安倍総理の全面否定は説得力ない

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。