記事

謝罪したという「印象操作」をするための総理記者会見

「『印象操作』のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」

野党の追及を「印象操作」と暗に批判しつつ、総理が国民に謝罪をしているという「印象操作」をするための記者会見だった。

「二転三転した形となり、長い時間がかかることとなった」

国民が安倍総理に不信感を強めたのは、「長い時間が掛かった」ことではなく、何の調査もせずに「怪文書」と決めつけ「総理のご意向」「官邸最高レベルの話」と記された文書をないものにしようとしたことである。

「丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしている」

「丁寧な説明」とは「文部科学省において検討した結果、出所や入手経緯が明らかにされていない文書については、その存否や内容などの確認の調査を行う必要がないと判断した」というような類の硬直的な答弁を繰り返すことではないことを認識しているのだろうか。

安倍総理が反省するべきことは、国民との認識のずれであるといえそうだ。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  4. 4

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  5. 5

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  6. 6

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  7. 7

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  8. 8

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  9. 9

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  10. 10

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。