記事

謝罪したという「印象操作」をするための総理記者会見

「『印象操作』のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」

野党の追及を「印象操作」と暗に批判しつつ、総理が国民に謝罪をしているという「印象操作」をするための記者会見だった。

「二転三転した形となり、長い時間がかかることとなった」

国民が安倍総理に不信感を強めたのは、「長い時間が掛かった」ことではなく、何の調査もせずに「怪文書」と決めつけ「総理のご意向」「官邸最高レベルの話」と記された文書をないものにしようとしたことである。

「丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしている」

「丁寧な説明」とは「文部科学省において検討した結果、出所や入手経緯が明らかにされていない文書については、その存否や内容などの確認の調査を行う必要がないと判断した」というような類の硬直的な答弁を繰り返すことではないことを認識しているのだろうか。

安倍総理が反省するべきことは、国民との認識のずれであるといえそうだ。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  2. 2

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  3. 3

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  4. 4

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  5. 5

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  6. 6

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  7. 7

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  8. 8

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  9. 9

    ワークマンの新業態が女性に人気

    MAG2 NEWS

  10. 10

    本田翼ゲーム実況で業界に変化か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。