記事

【アマゾンvsウォルマート】

通販大手のAmazonが健康志向(&高い)のスーパーの代表格=Whole Foods を買収すると16日発表しました。

オンライン通販では、AmazonのようなIT企業が勝利するのか、Wal-Martのような実店舗(brink-and-mortar retailerとかphysical store)を持っている大手スーパーが勝利するのか。興味津々です。

Whole-Foodsは、価格帯としては紀ノ国屋とか成城石井とかクイーンズ伊勢丹のような雰囲気ですが、とっても健康志向です。日本でも受け入れられると感じており、この動きに注目しております。

FTは、Walmart and Amazon in acquisition shopping spree in retail battle(ウォルマートとアマゾン、小売りの競争で買収合戦)の中で、「創立54年のウォルマートは何年にもわたってアマゾンに追いつき追い越そうとしてきた。一方、ジェフ・ベゾス (Jeff Bezos)率いるアマゾンはウォルマートの伝統的な小売りの独占に穴を開けようと書店の実店舗(physical bookstores)を開くなど様々な実験を繰り返してきた」と伝えています。

その上で、アマゾンが137億ドルで全米で400店の実店舗を保有するホールフーズの買収を発表した19日、ウォルマートが3億1000万ドルでオンラインの衣料店=Bonobosを買収した時期と重なったとしています。

この現象を専門家は「山頂を目指してのぼっているIT企業と、実店舗を抱える小売業ちょうど中間地点にある」と説明し、勝負はこれからだとしています。

「オンラインで家具などを買う人が日に日に増える一方で、生鮮食料品は書籍やおもちゃと別である。消費者は多くの場合、食品を購入する前に実際に見て触りたいものだ。さらに冷凍したり冷やしたりする必要がある。この点、売上高の60%が食料品のウルルマートにアドバンテージがある」と指摘し野菜や果物の販売の難しさを報じています。

ReutersはWith Whole Foods, Amazon on collision course with Wal-Mart(ホールフーズ買収により、アマゾンはウォルマートと正面衝突へ)として、「16日、アマゾンが約140億ドルでホールフーズ買収するという発表は、最大のオンライン企業であるアマゾンが実店舗の世界(brick-and-mortar world)でウォルマートに勝とうとする意図が見える」としています。

その上で、IT企業と実店舗を運営する小売業の戦いの境は消えていて、このセクターの独占を決めるのはオンラインや実店舗での勝負ではなく、両方で優位に立てるかどうか(who is better at both)で決まると指摘。

「アマゾンは、全米で460店の実店舗を抱えるホールフーズを買収することで、全米で人口に近い地域で4700店を運営するウォルマートと競争する方法を学べる」と言います。

ホールフーズは、健康志向だが高価格でもあることから「アマゾンは、ホールフーズの悪名高き価格を引き下げ、ウォルマートの消費層の取り込みを目指すとみられる(Amazon is expected to lower Whole Foods’ notoriously high prices, enabling it to pursue Wal-Mart’s customers)」として、消費者への利点を説明しています。

一方、Wall Street JournalはAmazon is Leading Tech’s Takeover of America(アメリカ産業をオンラインで置き換えるにあたってアマゾンがIT企業をリードする)として、Apple、Facebook、Google、それにイーロン・マスク率いるTeslaやSpace Xなどを総称して"Elon Musk Inc"と表現

アマゾンは、「自動運転や宇宙開発などを目指すほかのIT企業と異なり、平凡な日々の課題(mundane, everyday problems)に取り組んでいる点が特徴だ。長い目で見ればこちらの方がスマートかもしれない」として、売り上げの90%が今なお実店舗で行われている消費が「最新のフロンティア」だといいます。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  9. 9

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。