記事

官邸は追い詰められている!「証人喚問」で加計疑惑を解明すべきだ~田原総一朗インタビュー

1/2
共同通信社
国家戦略特区での獣医学部新設をめぐり、官邸の働きかけがあったのか――。学校法人「加計学園」をめぐる問題は、文科省の再調査と内閣府の調査の結果が発表されたが、不明朗な点も多く、まだ収拾がついていない。田原総一朗さんはこの問題をどのように見ているのか。インタビューした。【田野幸伸(編集部)・亀松太郎】

文科省の内部文書に記された「総理のご意向」

加計学園の獣医学部新設をめぐっては、文科省の官僚が作成したとされる文書がいくつも報じられている。その文書には、内閣府が文科省に対して「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」といった発言をしたと記されていた。

これを官邸は怪文書といって切り捨ててきた。しかし現役の官僚がいろんなメディアで文書の存在を認めている。菅官房長官の記者会見では、この問題で記者が菅長官を徹底的に追い詰めるシーンもあった。文科省が再調査したり、内閣府が調査に踏み切ったりした背景には、これらの追及があるのだろう。

文科省の文書の内容は次のようなものだ。まず、「官邸の最高レベル」という言葉が登場するのは、昨年9月下旬に行われた内閣府と文科省の協議の模様をまとめたメモである。文書の題名は「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」となっていて、冒頭にこう書かれている。

「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい。成田市ほど時間はかけられない。これは官邸の最高レベルが言っていること」

次に、「総理のご意向」という言葉は、昨年10月に作成されたとされる「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」という文書に出てくる。そこには、こんな言葉が並ぶ。

「設置の時期については、今治市の区域指定時より『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」

こういった文書は、文科省の官僚たちが相手方と話した内容を即座にメモし、上司への説明用にA4用紙1枚に要点をまとめたものだ。

この問題について、文科省の松野大臣は当初「存在を確認できない」と発言していいた(再調査の結果、存在を認めることになったが)。

松野大臣の記者会見について、この問題を告発した前川喜平・前事務次官は、文藝春秋7月号の手記でこう書いている。

「文書に関して『存在を確認できない』と発表した文科省の会見を見ていても、松野大臣と文科省のみんなが気の毒でなりませんでした。あの文書は、私が担当者らから報告を受けた際に受け取った資料の中にあるものと同一ですから、普通に探せばすぐに見つかるはずです。それを大臣が『確認できなかった』と言わされている。後輩たちも嘘をつかされている。天下り問題で国民からの信用が失墜したのは天下り斡旋の事実そのものはもとより、それを口裏合わせで糊塗しようとした隠蔽工作にあったはずです。にもかかわらず、再び隠蔽工作に加担させられている」


このような文科省の隠蔽工作に我慢ならなかったのが、前川氏の告発の動機というわけだ。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

  10. 10

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。