記事

大流行中のSNS画像投稿キャンペーン 企業が行う5つのメリット

1/2

商品やサービスの認知拡大や購買に繋げるために、企業は様々な「キャンペーン」を実施します。Webをプラットフォームとしたキャンペーンも様々な形のものがありますが、TwitterやInstagramといったSNS上で、ユーザーが指定のハッシュタグを付けて画像を投稿し、投稿したユーザーの中から抽選にプレゼントが当たる、といったいわゆる「SNS画像投稿キャンペーン」が現在再び大流行しています。

20170616_02
Instagramでのキャンペーンの応募方法の一例
(大塚製薬「ポカリ、飲まなきゃ」キャンペーンより)

以前、Twitterが提供していた6秒動画SNS「Vine」が流行った2013~14年頃、ユーザーに動画を作成・投稿させる動画投稿型キャンペーンが注目され以来、しばらく落ち着いていたのですが、画像中心のSNS、Instagramが目覚ましくユーザー数を増やして普及し、「自撮り」のように、自分も含めた被写体を写真を撮影してSNS上に公開する心理的な障壁も低くなったことを背景に、再び、ユーザー参加型の画像投稿キャンペーンが流行しているのです。

2014年と2016年の主要SNSユーザー数を比べると、Facebookは微減、
Twitterは横ばいに対し、Instagramは3倍程度の増加になっている。
MMD研究所「 2016年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」(2016.12.15)

特にInstagramは、10代・20代の若い女性層のユーザーが多く、コスメや美容などといった若い女性をターゲットとした商材のキャンペーンで多く使われる傾向があります。そうしたキャンペーンの一例が、COACHの「COACH THE FRAGANCE」キャンペーンです。

20170616_03

メールアドレスを登録し、COACHのInstagramアカウントをフォローした上で「#COACH THE FRAGANCE」とタグを付けて画像を投稿すると、キャンペーンの応募が終了。キャンペーンサイトに投稿した画像が表示されます。抽選でミニボトルの香水が当たり、当選者にはメールでその旨が伝わります。そのメールを希望の店頭で見せると、ミニボトルがプレゼントされます。実際の店舗への送客も狙った、O2Oも意識したキャンペーンとなっています。

キャンペーンの事例をいろいろ見ていると、投稿する写真のお題は様々です。対象の製品を購入して撮影する必要があったり、商品やサービスのテーマに併せた写真を撮ったり。どちらにせよ、商品・サービスや、その企業・ブランドに対して共感という熱量を持ったユーザーの参加が多いというのが特徴です。勿論、インセンティブ欲しさという動機での応募も多いですが、賞を取りに来ていることから投稿する写真のクォリティーも高い傾向になり、それはそれで、キャンペーン自体の質の向上に繋がるので大切な参加者となります。

20170616_10

ちなみに、画像投稿キャンペーンのプラットフォームとしてFacebookはあまり使われません。その理由としては、実名登録を原則とするFacebookの場合、ユーザーは自分の投稿の表示範囲を友人だけに限っている傾向が大きく、外部の第三者から投稿が取得ができない例が多いということと、そもそもFacebookにはハッシュタグを付ける文化が薄く、取得するフックとなるものが無いという理由からです。

企業が画像投稿キャンペーンを行う5つのメリット

現在の、画像投稿キャンペーンの大流行。それは、このキャンペーンに対して企業が大きなメリットを感じ、その成果が出ているからといえるでしょう。この夏に向けて実施中の、最新の画像投稿事例を交えて画像投稿キャンペーンの5つのメリットを見てみましょう。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員の暴言報じないマスコミ

    鈴木宗男

  2. 2

    言論NPO 週刊文春に発売中止要求

    認定NPO法人 言論NPO

  3. 3

    スマホからSNSアプリ消した結果

    (チェコ好き)

  4. 4

    自動車離れでマンションに異変

    沼田 順

  5. 5

    「運のなかった」政治家・蓮舫氏

    やまもといちろう

  6. 6

    米国では今「ヒゲ剃り」がアツい

    松井博

  7. 7

    おっぱい見せて グラドルの悩み

    倉持由香

  8. 8

    今井氏不倫 擁立した自民に責任

    猪野 亨

  9. 9

    小島可奈子 未発表のヌード公開

    NEWSポストセブン

  10. 10

    民進党は解党または分党すべき

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。