記事

「決して仲間を見捨てない」防衛大で学んだ無敵のチームマネジメント

 防衛大学を卒業後、システム開発企業に就職。営業職として離職率80%の企業を立て直し、リストラ目前の社員らを一流の戦力に育て上げた人物がいる。1年前に人材育成会社「ネクストミッション」を設立、現在、同社の代表を務める濱潟好古さんだ。5月にはあさ出版から『「防衛大」式最強の仕事術』を上梓した。プロジェクトを成功に導く強いリーダーシップの本質とは何なのか? 濱潟さんに話を聞いた。

■鍛えられるストレス耐性


「仲間を見捨てないことは大切」と話す濱潟好古さん

 防衛大には、リーダーシップを教えるための座学はありません。そのかわり、リーダーシップが発揮できる場所が用意されています。大学には、4つの大隊があり、その下にそれぞれ4つの中隊、そしてそれぞれに3つの小隊があって構成されています。全員が寮生活で過ごし、そのなかで上級生は下級生をまとめあげ、指導・育成を体で学びます。

 入学すると「うそをつくな」「言い訳をするな」「仲間を売るな」の3つを教えられ、精神的にも肉体的にも極限の状態まで追い込まれます。将来、自衛官になったときに、ストレスがかかったときに生き残れるよう、ストレス耐性を上げていくわけです。たとえば、東日本大震災の救助において、ストレスを感じたことを理由に撤退は許されません。

■徹底した連帯責任


「防衛大」式最強の仕事

 そのため、上級生がいろんな手段で下級生にプレッシャーをかけてきます。その一つが時間です。仕事中に突然、招集がかけられるとしましょう。小隊の一人が遅れたら、当然、本人は怒られますが、もっと怒られるのが、仲間なんですよ。理由は「仲間を見捨てた」ことです。

 罰として、遅れた学生ではなく、ほかの小隊の仲間が腕立て伏せを命じられ、遅れた本人は腕立て伏せの回数を数えさせられます。連帯責任なのです。数を数えている学生は、仲間に迷惑をかけないように、何をすべきかを考え、優先順位付けや決断力、そして工夫する力を養っていきます。

■部下のミスはリーダーが背負う

 防衛大にもクラブ活動に相当するものがありますが、高校のクラブ活動と決定的に違うのは、上下関係です。高校の部活動は、厳しいながらも横のつながりを大切にしますが、防衛大は超トップダウンです。リーダーである上級生の命令に対する返事の選択肢は「イエス」か「はい」かしかありません。

 その代わり、命じたリーダーは責任をとらなければなりません。部下が失敗しても、それは連帯責任であり、リーダーが部下のミスを自分でも背負います。しかし、そうした責任が取れる人と取れない人がいます。究極の状況に追い込まれると、ついて行けるリーダーとそうでないリーダーが分かるようになります。

 企業に就職した際、私が普通だと思っていたことなのに、部下に感謝されたことがあります。ノルマを達成できず、リーマンショックでリストラ宣告されようとしていた部下がいました。私は土日、平日の分け隔てなく、彼と一緒に営業に回りました。そのことに感謝されたのです。「仲間を見捨てない」という私にとっては当たり前のルールでした。

 「仲間を見捨てない」ことは大切です。リーダーが部下の給料を下げるなどして、退職するように仕向けるのは、仲間を見捨てることです。実際、見捨てて新しい人材を採るよりも、育てた方が安くもつくのです。

■ルールを破ったら不信しか生まれない

 とはいえ、企業と防衛大では環境が違いすぎます。私がコンサルタントとして企業にはいるとき、最初に、絶対に守らなければならないルールを作ることから始めます。時間を守る、大きな声で挨拶をするという当たり前のルールなのですが、時間を守るという当たり前の基準が相当高いことが多いです。

 ルールが守れなかったときは、大声をあげはしませんが、厳しい言葉で指導し、ときには怒ります。もっとも最初に「ルールを破ったときは、社長に対しても厳しい言葉が飛びますが、いいですか?」と約束をとりつけますが。

 チームで仕事をするとき、その場所の空気や環境は大事です。ルールが破られたままで、プロジェクトを続けることはできません。ルールを破ったら不信しか生まれないからです。「リーダーを信頼できるか信頼できないか」そこに尽きるでしょう。


防衛大で学んだ無敵のチームマネジメント

 防衛大では、上級生が下級生を“しばいて”指導することもありましたが、良いリーダーは、指導にあたる下級生をしばきもするけど、自分自身が責任をとっていました。“しばく”ことだけで人は動かきません。

 ダメなリーダーは、結果をみて「だめだ」と言ってしばきます。しかし、尊敬できるリーダーは、どこが弱いかを知っていて、「筋トレをやれとか、パワーが少ないから食事をとれ」とプロセスにしばきを入れるんです。

 私は懸垂が苦手で、大層しばかれました。しかし、上級生は「お前が懸垂ができないうちは、俺は隣で懸垂をしていよう」と言って、ずっと懸垂をしているんですよ。

 企業であっても、リーダーが自分自身を部下よりも辛い状態に身を置き、部下を見捨てず一緒に責任をとるということは、人をついてこさせるうえで、何よりも大事なことです。


濱潟好古(はまがた・よしふる)
チームマネジメント・人材育成コンサルタント。株式会社ネクストミッション代表取締役。1982年福岡県生まれ。防衛大学校卒業後、IT系ベンチャー企業に営業職として入社。防衛大時代に学んだ経験を基に、独自に構築した「最強の仕事」術を活用し、入社2年目から入社5年目まで売上No.1営業マン。

あわせて読みたい

「防衛大学校」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  3. 3

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  4. 4

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  5. 5

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

  7. 7

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  8. 8

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  9. 9

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  10. 10

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。