記事

80年代型「合同誌」が流行らない理由

一昨年の冬コミから、俺は同人誌「マヴォ」を作って参加するようになったわけです。その時にもエントリを書きましたが、これは俺にとっては1981年、最後にコミケに参加した時以来の、27年ぶりの即売会への「出品参加」でありました。

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_fdaf.html
↑27年ぶりにコミケに参加(希望)

上のエントリのタイトルに(希望)がついているのは、これを書いた時点では、まだコミケに当選するかどうかわからなかったからです。結果としては無事当選しまして、それから昨年暮れの冬コミまで、おかげさまですべて参加できています。

同人誌の出品は27年ぶりですが、その間もコミケには一般参加で行っていました。ただし毎回というわけではなく、4〜5回に一回という感じで、毎回参加するようになったのは、ここ数年からです。しかし客として行くだけではコミケの一面しか見られないことも事実で、やはり自分で同人誌を作って出品しなければ、分からないことの方が多いと思います。

たとえば俺は、最近になって「合同誌」という言葉を知りました。正直、初めて聞いた時は奇妙な表現に感じたものです。「作家」が集まった同人誌を指して「合同誌」というらしいのですが、「え? それって当たり前じゃない。なんでわざわざ合同誌なんて表現を使うんだろう?」と思ってしまったのです。

これは俺が商業誌の世界で27年仕事をしていたから、そう思うのかもしれません。商業誌は複数の作家が集まって雑誌を構成するのが普通ですからね。いろいろな作家や作品が集まって「雑誌」なんですから、同人誌も同じだろうと考えていました。

そもそも「同人」という言葉は「同好の士」という意味です。プロフェッショナルに対するアマチュアという意味ではありません。思想や趣味嗜好を同じくする者同士で、資金を出し合って出版する雑誌を「同人誌」と言っていたわけです。だから、プロの同人誌という概念もありえます。大正時代に創刊された「文藝春秋」は、最初から一般書店で販売する商業雑誌でしたが、菊池寛が芥川龍之介などのプロ作家に呼びかけて作った「同人誌」でありました。

手元の「大辞林」を引いてみても、

同人【どう じん】志・好みを同じくする人。同好の士。仲間。

同人雑誌【どうじんざっし】主義・志などを同じくする人たちが、自分たちの作品の発表の場として共同で編集発行する雑誌。

と明確に書いてあります。ウィキペディアで「同人」「同人誌」を検索してもほぼ同じ内容です。つまり「同人誌」には最初から「複数の作家が作品を持ち寄って作る雑誌」という意味が入っているので、「合同誌」という言葉が生まれる理由は本来ないはずなのです。かつては特別に一人で編集執筆する雑誌のことを「個人誌」と言って「同人誌」とは区別していました。俺はある人が「マヴォは竹熊健太郎が編集する合同誌」と表現しているのを聞いたとき、合同誌という言葉から「一匹狼の集団」とでもいうような、奇妙なニュアンスを感じてしまいました。

それでずっとひっかかっていたのですが、先の冬コミでマンガ研究家の想田四さんと会話したとき、80年代同人誌の話になって、この疑問が氷解した気分になりました。

想田さんは80年代からコミケに同人誌を出品して参加していたそうですが、彼の経験からすれば、「今、マヴォのような合同誌は売ることが難しいですよ」というのです。その理由として、こう言いました。

想田「70年代までのコミケは大学のマン研(学漫)同人誌がひとつの中心でした。それが80年代に入ると、大学とは関係なく、同人専門の編集者が出てきて、売れ線の同人作家を集めて同人誌を作ることが流行ったんです。実は僕も、80年代に“同人編集”をやっていました」

竹熊「はあ。そうなんですか。そういえば僕も80年代の中頃、まさに“同人誌専門の編集者”に会ったことがありますよ。その人は自分ではマンガを描かなかったんですけど、作家を集めた同人誌を何誌も編集していて、どうやらそれで生活している感じだったので、そんな仕事もあるんだと驚いたことを覚えています」

想田「実際、80年代はそれがかなり売れたんですよ。ところが90年代に入って、個人誌が台頭してきて、急激に“同人編集による同人誌”が下火になったんです。今では個人誌が同人誌の主流なので、複数の作家を集めて作る同人誌とは区別するようになったんですよ」

想田さんとの会話は以上です。このときは立ち話だったので、「なぜ90年代に入ってから集団で作る同人誌が下火になったのか」の理由までは話が及んでいません。しかし、俺としてはなんとなく分かってきたことがありました。

まず、俺が見てきた中でも、90年代以降のコミケは個人が作って個人が頒布する「個人誌」が主流になっていることは明らかです。それが当たり前になったので、同人誌、イコール個人誌の意味になり、反対に昔ながらの集団による同人誌は「合同誌」という言葉で呼ばれるようになって、非主流扱いされるようになったのでしょう。このことを改めて認識するに及んで、もしかすると合同誌が下火になった理由は、こういうことではないかと思いました。

■推理・80年代型「合同同人誌」が下火になった理由

●1 90年代に入って同人印刷の敷居が格段に下がり、即売会の数やシステムが充実して、同人を募って資金を集めなくても、個人で安価に雑誌を作って頒布できるようになった。

●2 合同誌では編集担当者や同人仲間への気兼ねが生じて、好き勝手な作品が描きづらい。その点、個人誌は気楽。

●3 合同誌だと、万一売れて儲かった場合、利益の配分で揉める可能性がある。個人誌なら売り上げはすべて自分に入る(売れれば儲かる)。

●4 読者の購買行動の変化。今の読者は、好きな作家の作品だけが読みたいので、複数作家が載っている雑誌にはお金を払いたくない。これは近年の商業誌不振にも通じる問題。

●5 合同誌はどうしても厚くなる。即売会の限られた時間でより多くの同人誌をゲットする必要があるので、厚い合同誌を一冊買うくらいなら、気に入った作家の薄い個人誌を数冊買ったほうがいい。

たぶん以上のような理由で、「合同誌」が敬遠されて個人誌が主流になったのではないかと思うのですが、同人関係者、特に80年代からコミケに参加している30代・40代のベテラン同人のご意見をぜひ伺いたいものです。

さて、では竹熊はどうして『マヴォ』のような「合同誌」を作ってコミケで頒布しているのかと疑問を持たれるかもしれませんが、理由はひとつしかないです。それは、

自分は『マヴォ』を才能発掘の場と位置づけていて、完全に編集者的興味で編集している。従って「合同誌」以外の形態を考えていない。売れる・売れないもこの場合は目的ではない。同人誌として出すのは、商業的な制約を回避するためである。ただし雑誌を維持しなければならないので、そのための営業販売努力は出来る限りする。

ということです。大学の漫研同人誌を始めとする合同誌に人気がないのは、俺としては「編集が弱い・または不在」だからとしか思えないんですね。多くの学漫同人誌がダメになってしまうのは、仲間が描いた作品は無編集で載せてしまうからだと思うんですよ。

人様に見せる雑誌を作るには、作家の選別と打ち合わせ、場合によってはボツや描き直しを要求することがどうしても必要になります。それは編集者のセンスと責任において実行するわけです。最近、「編集者抜きでマンガ雑誌を作ってみました」と鳴り物入りで創刊された市販雑誌がわずか2号で休刊の憂き目にあいましたが、ここからもわかるように、一般向けの雑誌を編集者抜きで運営・維持することは、事実上不可能だと思います。もしそれが可能になるとしたら、それはその雑誌を作る作家が、編集者としても有能だった場合だけです。

『マヴォ』に関していえば、今は俺は編集に徹しているので、自分の原稿をあまり載せていませんが、近く編集体制を強化して(今は編集は俺一人しかいない)、俺個人の原稿も載せていきたいと考えています。

それから2年後・3年後には電子雑誌に移行させるかもしれません。が、その場合でも単行本は紙で出すでしょう(あるいは紙版と電子版を同時出版する)。このあたりの話は、考えがまとまったら後日別エントリで書くと思います。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  5. 5

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  6. 6

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  7. 7

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  8. 8

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  10. 10

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。