記事

高須院長「ぼくはサンドバッグ。左翼からのクレーム処理係」

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、最近の“ネット言論”についてお聞きしました。


【最近のネット言論について語る高須院長】

 * * *
──「テロ等準備罪」を新設する改正組織的犯罪処罰法が参議院で成立しました。野党の抵抗もあって採決は深夜に及び、国会前では法案成立に反対する集会も行われていました。

高須:少々見苦しいものに感じたのはぼくだけじゃないと思うね。牛歩戦術なんてことをしている野党議員は、なんとも古臭い。投票の制限時間を過ぎた途端に、急いで反対票を投じる姿は、なかなか滑稽だったよ(笑い)。何の意味があるのか、さっぱりわからない。税金も時間も無駄。野党議員が、自分の金だけで政治活動をしているのならいいけどね。

 あと、壇上から大声で叫んでいるのも、なんだか気分が悪かったなあ。あれがネット上の議論だったら、まあ仕方ないけど、国会だからね。もっとスマートな議論をしてほしい。目立ちたいのか、なんなのか知らないけど、意見を言うなら冷静に言わないと。そんなに叫んでいる姿をニュース映像にのせてほしいのかねえ。

──高須院長もネット上ではいろいろな意見をぶつけられることも多いですよね?

高須:多いよ、多い。サンドバッグ状態(笑い)。ぼくも反応しちゃうから、喜んでどんどんいろんな意見がきちゃう。でもあれだな、かなり汚い言葉を使っている人も多いな。それこそ「バカ」とか「アホ」とか、「死ね」とか。大抵が中身のないツイートで、どうしようもないものばかり。いわゆる左翼と呼ばれる人たちは、一体どうしてあんなに好戦的なんだろうか。一応「人権派」と呼ばれているんじゃないの? 差別をなくしたいんじゃないの?

 その割には、自分と違う意見の人に暴力的な言葉をぶつけて、潰そうとする。たしかに、そういうことをされて怖くなって、従う人もいるだろうけど、それこそが人権を蹂躙している行為だからね。1ミリたりとも人権派などではない行為だよ。まあ、ぼくはどんな汚い言葉にも屈しないから、大丈夫だけどね。

──たしかに、ネット上ではイデオロギーの対立が激しく感じます。ネトウヨと左翼が激しく罵り合っているというか…。

高須:ぼくは自分で「ネトウヨだよ」なんて言ってるけど、ぼくのつぶやきの内容をよく見ないで、「ネトウヨだから、どんな暴言をぶつけてもいい」といった感じで、リプライを送ってくる人も多い。そういう左翼は本当にダメだね。レッテルだけで人を判断している。それこそが差別主義者だ。

 ぼくはイデオロギーに関係なく、ぼくのことを頼ってきてくれた人は助けたいと思っているし、どんな相手とだって対話する準備はある。それなのに、ちゃんとした意見はなかなかない。しっかりした議論に発展しないんだよ。

そして、とんでもない嘘やデマを流してくる輩も多いね。ぼくが森友学園の籠池さんにアプローチしたなんてことを言う人がいる。一体どこからそんな話が出てくるんだ。自分と違う考えの人間を叩くためならなんでもありなのか? 嘘をついてもいいのか? 本当に呆れてしまうね。

 国会での民進党や社民党、共産党も同じなんだろうな。とにかく安倍政権を叩くけど、実はしっかりとした政策論争はできない。だって、政権のほうが正論なんだから、野党は議論したら負けちゃうんだから、そりゃあごまかすしかないよ。

 今の左翼にはまったく正義がない。素晴らしい世の中にしたいということで、いろいろな活動をしているわけじゃなく、ただ単に現政権が嫌いなだけにしか見えないよ。もしも安倍政権が「憲法改正反対」と言い出したら、左翼の人たち「憲法を変えろ!」と言い出すんじゃないのかなあ(笑い)。

 つまり、左翼はクレーマーで、ぼくはクレーム処理係(笑い)。おかげで楽しいツイッターライフを送っているよ。でもたまに意気投合することもあるから、意外と有意義だったりもするよ。

 * * *
 日々ツイッターでイデオロギーを超えたやり取りを楽しんでいる高須院長。議論ばかりではなく、麻雀やゴルフなどの趣味の様子もつぶやいているので、そちらもチェックを!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。


あわせて読みたい

「高須クリニック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  2. 2

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  3. 3

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  4. 4

    新卒一括採用への批判は的外れ

    キャリコネニュース

  5. 5

    ビッグダディ AV出演の経緯語る

    NEWSポストセブン

  6. 6

    権力と寝る女?小池氏の素顔とは

    文春オンライン

  7. 7

    VALUは投資ではなくギャンブル

    ニャート

  8. 8

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  9. 9

    ウザい?正恩氏 陰口言われる理由

    高英起

  10. 10

    豊田氏予備軍が社会には大勢いる

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。