記事

ニュースメディアにも「動画コンテンツ」ラッシュの波、エンゲージメント向上を狙う

1/2
 スマホでインターネットを利用していて近頃目立つのは、モバイル化・ソーシャル化の流れに乗ってショートフォーム(短尺)動画がやたらに増えてきたことである。フェイスブック(FB)のニュースフィードをスクロールしていても、動画コンテンツが次々と現れる。少し前から、動物(ペットなど)や料理(レシピ)、ファッション・美容、DIYなどの短尺の動画コンテンツが溢れ出してはいたが、いよいよオンラインのニュース記事にも動画ラッシュが始まったようである。

 1週間前にも、以下のような動画に出くわした。


図1 NYタイムズの6月3日付の動画ニュース記事。

 これは、NYタイムズが配信したトランプ大統領発言の事実確認記事”Fact Check: Trump’s Exit From the Paris Climate Accord”である。このニュース記事は投稿してから6日間でフェイスブック上で約200万回も再生され、いいよ!が約2万2000人、シェアが約1万8700件、コメントが約2000件も獲得した。"ファクトチェック"の硬い政治記事にもかかわらず、このように多くの人に注目され視聴されている。動画であったことが効いたのだろう。

 このようにニュースメディアでも動画シフトが米国を中心に活発化してきた。メディア分析会社NewsWhipの調査によると、CNNやFox News、BBC News、Voxなどの主要ニュースパブリッシャーのFBページにおいては、投稿ニュース記事のうち動画の割合が明らかに増えてきているという。また動画系ニュース記事のほうが一般に、テキスト系ニュースや写真系ニュースに比べオーディエンスからより多くのリアクションを得ているようだ。

 実際に、代表的なニュースパブリッシャーのFBページを対象に、それぞれのFBページに投稿された動画ニュースが、どれくらいオーディエンスからのシェア件数を得てきているかを、NewsWhipの調査結果から見ていこう。図2は2017年1月時点で、動画の月間シェア数が多かったFBページのランキングである。月間シェア数が2016年1月からの1年間でいずれも急騰している。動画コンテンツによりエンゲージメント数(シェア数)の拡大を狙っているのだ。

TopShareFBPagesVideo201701vs201601.png

(ソース:NewsWhip)
図2 動画ニュースの月間シェア総数の多いFBページ。ニュースメディアに分類されていたFBページが対象。各FBページの上段に2017年1月の月間シェア数を、下段に2016年1月の月間シェア数を示す


 NewsWhipはまた2017年4月時点で、動画ニュースのエンゲージメント数(ここでは、いいね!数+コメント数+シェア数)を多く獲得したFBページのランキングも、図3のように公表している。いずれもニュースメディアに分類されているFBページが対象である。

TopEngagementFBPagesVideo201704.png
(ソース:NewsWhip)
図3  ニュースメディアに分類されているFBページにおける動画ニュースのエンゲージメント数(いいね!数+コメント数+シェア数)。2017年4月の月間エンゲージメント数によるランキングである。


 顔ぶれでは、テレビ/ケーブル系や新聞系の伝統ニュースメディアが目立つ。テレビ/ケーブル系の伝統メディアも少し前まで、オンラインニュースサイトにおいては、テキストや写真中心のニュース記事が中心であった。ブロードバンド化の浸透と動画配信のプラットフォームが整備されるに伴い、本業の動画ニュースの投入を加速化させている。

 さらに注目すべきは、新興のニュースメディアが動画ニュースを武器に勢いを増していることだ。2011年設立のMic、2012年設立のNowThis、2014年設立のATTNは、ミレニアル世代をターゲットに、かなり良質の動画ニュースを配信している。政治ニュースにも力を入れ、分散型メディアの代名詞的存在になっているNowThisは、基幹のFBページのNowThisに加えて、新たにNowThis PoliticsとNowThis Futureというブランド名のFBページを立ち上げた。いずれも、図3に示すように、早くもトップ10入りし、驀進している。

 そのほか、世界のローカル動画を集めたThe Epoch Timesや、中国内の動画を紹介する英語版のShanghaiistも面白い。

 動画ニュースのエンゲージメント数でトップ15入りしたFBページが、それぞれどれくらいの動画ビュー数を達成しているかを、以下の図4に掲げる。オンライン動画の解析会社のTubular Labsが2017年4月に測定した結果である。

FcebookPageVideo201706.png
(ソース:Tubular Labs)
図4 代表的なニュースメディアにおける動画ニュースの月間ビュー数(再生回数)。2017年4月の1か月間に、フェイスブックとYouTubeでそれぞれ視聴された回数を示している。


 ニュースメディアが動画ニュースを配信する場合、NowThisの分散型メディアのように、複数の動画配信プラットフォームを活用するのが当たり前になっている。Facebook、YouTube、Instagram、Twitter、Vineあたりが常連のプラットフォームである。ところが分散型メディアと言いながら、欧米では実際には、ほとんどの動画ニュースがフェイスブックで視聴されている。図4の表の右端で、分散型メディアでの視聴回数のうちフェイスブックで再生された割合を示している。

 『月間ビュー数が億回超えの「料理動画メディア」が続出、レッドオーシャン化の兆しも』でも示したように、フェイスブックが圧勝しているのだ。また、『ニュース接触の主戦場が「フェイスブック」か「グーグル検索」か、記事のトピック別で大きく分かれる』で紹介したように、ニュースメディアを含めたオンラインメディアは、特に米英ではフェイスブックに依存してきている。コンテンツがテキスト中心から写真中心に、さらには動画中心に移ろうとも、フェイスブック離れが難しいといえる。フェイスブックは巧みにニュースフィードのアルゴリズムを変えて動画コンテンツを優遇するので、なおさらである。

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  8. 8

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    最低の解散に河野外相賛成するか

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。