記事

6月17日(土)ムネオ日記

 通常国会が終了した。国会の前半に平成29年度予算は順調に成立したことは何よりであった。

 国民生活を守る最大の裏付けは予算であり、速やかに執行されることが一番である。

 後半国会で森友学園問題、加計学園と野党は時には警察官・検察官よろしく質問する場面が多々あった。

 十分な調査もせず、最初から思い込んでの質問である。こうした悪しきやり方では国民の理解は得られない。

 昨日の参院予算委員会の集中審議でも頭から「総理の意向」「官邸の最高レベルが言っている」と働きがけがあったという頭作りで質問しているが、安倍総理は一切関わっていないと一貫して国家答弁している。

にもかかわらず同じことを何回も壊れたテープレコーダーよろしく問う姿勢に国会中継を聞いていて呆れるばかりであった。

 もう少し生産性のある、実りのある質疑を次の国会でしてほしいと期待するものだ。

 読者の皆さんはこの通常国会、どんな受け止めだっただろうか。

 昨夕から札幌に入り、各種会合に出席。今朝は千歳からの一便で飛び、釧路で弔問、中標津で告別式。

 13時から阿寒湖畔で第一回イランカラㇷ゚テ音楽祭に出席。

「イランカラㇷ゚テ」とはアイヌ語で「こんにちは」「ようこそ」という意味だそうだが、さらに「君に会えて良かった」という奥深い意味もあるとのことだ。

 北海道では「イランカラㇷ゚テ」を合言葉におもてなしの心を進める運動をしている。

 阿寒湖畔のNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構 大西雅之理事長はじめ、関係者のご尽力に心から敬意を表するものである。

 21世紀は環境の世紀といわれて久しいが、自然を敬い、自然と共生してきたアイヌ民族である。

 「大地に学び、大地に還る」、新党大地の理念はアイヌ民族の歴史を尊重してのことである。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  5. 5

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  6. 6

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  7. 7

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  8. 8

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  9. 9

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

  10. 10

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。