記事

【緊急投稿】「ICO」とは何なのか?その光と闇をざっくり解説。

1/2
スクリーンショット 2017 06 14 7 16 13

ここ数日IT系のクラスタでは耳にしない日がない「ICO(initial coin offering)」。

これっていったい、何なんでしょう?

仮想通貨ブロガーと化したイケハヤが、初心者向けに解説します!

資金調達の民主化。

突然ですが……あなたはベンチャー企業の経営者です

あなたは、世の中を変えるすばらしいプロダクトを発明しました。この製品を世界に売り出すことができれば、世界のあらゆる問題は解決し、不正も、不毛な争いも消滅するでしょう。ノーベル平和賞級の発明です。

しかし、この製品を開発し、売り出すためには「原資」が必要です。ざっくり見積もって、150億円。もちろん、まだ製品は手元にありません。これから、作るわけですから。

……さて、こういうとき、あなたはどのようにしてお金を調達しますか?

従来は「ベンチャーキャピタル(VC)」を利用することが一般的でした。金額によっては「銀行」から借りるやり方もありますね。

でもまぁ、VCや銀行からの調達って、リスクがあるじゃないですか。VC使うと、貴重な会社の「株式」を提供することになるし、銀行融資はそもそも「借金」ですし。わざわざプレゼンして説得するのも大変ですしね……。

はい。

そこで選択肢になるのが!

「ICO」なのですよ。これは、まったく新しい資金調達の手段なのです。

逆にいうと「ごく一部の人しか有望なベンチャー企業に投資できなかった」という、今までが変だったともいえます。新しいテクノロジーが、資金調達を民主化したわけですね!

もう、めちゃくちゃです。

ここから先は実例ベースで。ちょっと、完全に異常なことが起こってます。

直近でいうと、「バンコール」が狂ってますね……。

ブロックチェーン・プロジェクト「Bancor Protocol」(バンコール・プロトコル)が、イーサリアムのネイティブトークンETHを用いたICOを通じ、ほんの3時間で167億円相当を調達した。

ICOの調達額は過去最大を更新。フィアットベースでは、昨年6月に実施されたThe DAOの160億円を若干上回る結果だ。発行されたトークンの総量は 79,323,978 BNTで、ユーザーはこの 50 %となる 39,661,989 BNTを得たことになる。

現代に蘇るケインズ通貨「バンコール」、ブロックチェーンICOで167億円調達 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

さ、さ、さ、3時間で167億円……。

これ、何が起こってるかわかりますか?

スクリーンショット 2017 06 14 6 47 36

バンコール」という会社が、新しいインフラシステムを作ろうとしているんです。

で、そのインフラ上で利用できる「BNT」という通貨を、事前に販売したわけです

もしも、バンコールが作るインフラが広く使われるようになれば、その上で動く「BNT」も価値を高めることになりますよね?

現在のICO市場は、投機的なニーズが非常に強くなっているので、世界中からこの新しい通貨「BNT」を買う人々が殺到しました。その総額が、3時間で167億円。頭おかしいw

スクリーンショット 2017 06 14 6 52 26

これ、企業側から見たら革命的で、式を与えることなく、借金を背負うことなく、世界中から瞬時に資金を調達できちゃっているんですよ……。

今までのやり方はなんだったのか……と絶望的になっている起業家も多いはずw なんかもうぜんぶICOでいいんじゃないかな……。

ユーザー目線でポジティブにいえば、今は「誰もがベンチャー投資家になれる時代」なのです。

有望なベンチャーが発行する仮想通貨を購入することで、彼らに資金を提供することができる。そのお金で、彼らは製品を開発する。

で、彼らの製品が大成功すれば、あなたが最初に買ったコインは高い価値を持つ。そういう話です。

ICO、続々。

ICOは完全にバブル状態で、新規参入が相次ぎまくってます。「ICO Calender」を見ると全貌がわかります。

スクリーンショット 2017 06 14 6 54 25

1時間くらいかけて掲載されているものはすべて見てみましたが……ぶっちゃけ、何をやりたいのかわからないコインも多いです。ウェブサイトだけで将来性を判断するのはなかなか困難……。

直近で有望で、実際にお金を集めそうなのは、メッセンジャーアプリの「Kik」がリリースする「kin」でしょうかねぇ。これはぼくもちょっと購入してみる予定。

スクリーンショット 2017 06 14 6 56 15

2017年6月時点の面々を見ると、日本発のコインはまだ見当たりません

が、これも時間の問題。どこかの会社が必ずICOをやりますよ。

たぶん、それは「Campfire」が最初になるのではないかと思っています。Campfireコイン、ICOされたらたぶん200万くらい買います。家入さんよろしくです!

長期的に見ると、「それなりに実績のある企業が、独自の暗号通貨を発行する」という流れが起きると予想しています。「Kin」なんかはそれですね。FacebookとかAmazonも独自のコイン作るんじゃないかなぁ。

問題もある。

ただし、ICOには問題もあります。

まずは法整備

ぼくが知る限り、日本においてはまだ議論が進んでおらず、制度も整っていません。

日本発のICOがないのも、これが原因なのかも。海外に法人つくってICOするのが早いんでしょうね……。

また、詐欺的なコインも多いと思われます

「これから開発を始めるから、みんなお金をちょうだい!」とやっているわけで、最悪の場合、調達してそのままトンズラこくこともできちゃいます。

詐欺の意図がなかったにせよ、競合に存在意義を潰されたり、開発に失敗することだって、普通にありますしね。ICO投資はかなりリスクが高いと思った方がいいでしょう。

もひとつ、これ完全にバブルなので、どっかで弾けます

今は異常ですからね……。

何か大きな事件が起こると、イーサリアムが暴落し、それに引っ張られてすべての仮想通貨の価値が暴落する懸念があります。

ただまぁ、長い目で見れば、ブロックチェーン、スマートコントラクト、そして新しい通貨は、まだまだ社会に浸透していきます。むしろ「これから」の段階ですから。

個別の銘柄の未来はわかりませんが、市場規模全体は成長していくので、そこまで悲観的になることはないと思う派です。

仮想通貨市場は、資本主義を高速再生しているようなイメージです。本格的に普及するまでは、おそらく「毎年」のペースでバブルが崩壊するんじゃないかな……。

2016年も「The DAO」の騒動とかがありましたしね。崩壊を繰り返すなかで、有象無象のコインは淘汰され、全体として成長していくのでしょう。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  2. 2

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  3. 3

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  4. 4

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スルガ銀行転落 頭取の行く末は

    文春オンライン

  6. 6

    横山やすしの子が語る不器用な父

    fujipon

  7. 7

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  8. 8

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    福田次官vs産経 疑惑めぐる攻防

    文春オンライン

  10. 10

    高畑淳子「世の中全部恨んでる」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。