記事

乱射の標的となった米共和党議員たち、恐れていたことが現実に

FOMC政策金利発表が今日の焦点になる筈でしたが、早朝に起きた乱射事件で、FOMCは二番手扱いになりました。
共和党議員らに向け銃乱射 数人ケガ 米国(日テレNEWS24)
チャリティー・ゲームに備え、共和党議員たちが野球の早朝練習をしている時に起きた惨事です。場所は議会に近いバージニア州の公園、銃を乱射したのはトランプ大統領を忌み嫌い、民主党から大統領に立候補していたバーニー・サンダース氏を熱狂的に支持するジェームズ・ホジキンソンです。

「ライフルによる乱射は10分ほど続いた」、と現場にいたマイク・ビショップ議員は語っていますが、この事件に驚いた人は少なかったと思います。


米女優のキャシー・グリフィン 血まみれのトランプ大統領の首人形を投稿(livedoor NEWS)
そして今月13日には、こんなニュースが報道されています。
米ニューヨークで12日から公演の舞台「ジュリアス・シーザー」で、トランプ米大統領に似たシーザー役が暗殺される場面が物議を醸している。米デルタ航空やバンク・オブ・アメリカは表現の行き過ぎを理由に、舞台への資金提供を中止した。(産経ニュース)
明らかに、熱狂的な左派の人々はトランプ大統領に対する殺意を全く隠すことなく、大統領に対する憎しみをむき出しにしています。更に、2月にはカリフォリニア大学バークレー校で学生たちが暴動を起こし、トランプ大統領だけでなく保守派全体に対する敵意を表しています。こんな状況ですから、多くの人達は、今日の乱射事件は恐れていたことの現実化だと思っていることでしょう。

犯人のジェームズ・ホジキンソンとは、どんな人物なのでしょうか。

  • 66歳。イリノイ州在住。家屋査定士のライセンスを持っていたが、11月に期限切れとなったまま更新されていない。
  • 数回の逮捕歴がある。特に深刻なのは2006年、家庭内でのもめ事が発端となり、銃を発砲している。
  • ソーシャルメディアで、バーニー・サンダース氏を積極的に支持。「共和党員は人種差別主義者、性差別主義者だ」と非難し、「トランプ大統領は最大のろくでなしだ」、とも記している。
  • 新聞社の編集長に何度か苦情の手紙を送っている。たとえば2010年3月、「ロナルド・レーガン大統領(共和党)が偉大だった、などといった内容の記事を掲載するな」という主旨の手紙を送付している。
ホジキンソンは、こんなコメントもしています。


トランプは裏切り者だ。トランプは民主主義を破壊した。トランプと、その一派を破壊する時が来た。
言うまでもなく、銃を乱射したホジキンソンの今日したことは、民主主義を破壊する最悪な行為です。

トランプ大統領を嫌うことに問題はありません。しかし、血まみれのトランプ大統領の首人形を投稿したキャシー・グリフィン、そしてトランプ大統領に似たシーザー役が暗殺される劇を演じる人々は、ホジキンソンのような人物を生み出す一因になってしまう可能性があることを忘れてはいけません。




あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  5. 5

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  7. 7

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  8. 8

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  9. 9

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。