記事

ネットフリックス、米国でケーブルTV利用人口を突破 史上初

Ian Morris

ネットフリックスが米国で初めて、視聴者数でケーブルTVを上回った。Leichtman Researchのデータによると米国のケーブルTVの会員数は今年3月末時点で4861万人だったが、ネットフリックスの会員数は5085万人に到達した。この数値には小規模なケーブルTVネットワークの会員が含まれていないが、その会員数は全ケーブル顧客のうちの多くても5%だという。

この結果はさほど驚くべきことではない。ここ5年間でネットフリックスは会員数を倍増させ、新規で2700万人を獲得し、躍進を続けてきた。

ケーブル局側にとって良いニュースは、これが彼らに破滅的状況をもたらしていない点だ。ネットフリックスが巨大な成長を遂げた5年間で、ケーブルTVの視聴者数は400万人の減少となったが、統計サイトStatistaはこの結果を「ネットフリックスがケーブルから客を奪ったのではなく、独自の顧客を開拓した結果だ」と分析している。

Dish NetworkとDISH-DBSの衛星テレビサービスは合計で約3300万人の利用者を獲得している。一方、インターネット経由で配信されるTVサービスのSling TVやDirect TV Nowの伸びは顕著で、この2社は2017年Q1に合計で35万件の新規会員を獲得した。Sling TVとDirect TV Nowの会員の合計は173万人となっており、ケーブルTVの顧客が減少する一方で客を増やしている。

米国でケーブルTVや衛星テレビ、インターネットのストリーミングサービス(ネットフリックス以外)でTVを視聴する人口は9331万9187名で、有料TV視聴者の95%を占めている。

ネットフリックスが米国で視聴者1億人を達成するのはまだ当分先のことであり、上げ止まりも予測される。しかし、ネットフリックスがサービスの改善を続け、さらに多くのユーザーを魅了するようになれば、この状況にも変化が訪れるかもしれない。

あわせて読みたい

「ネットフリックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  6. 6

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  7. 7

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  8. 8

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

  9. 9

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  10. 10

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。