記事

変動金利の方が銀行は儲かるのか

 最近、インターネットやブログを拝見していると、不動産業者や銀行が変動金利を勧めるので変動金利の方が儲かるような記述がありますが、現実はまったく違います。

 まず、不動産業者が変動金利を勧めるのは、現在は変動金利の方が低いためシミュレーションで出す数字が変動金利だと負担が軽く感じ、お客様を成約に持って行きやすいためです。

 一方、銀行は変動金利と固定金利でどちらが儲かるのかとはっきり言ってしまえば、固定金利の方が儲かります。
 変動金利は、短期プライムレートという基準金利がベースとなりますので、銀行が上乗せできる利率はおのずと限られます。

 しかし、固定金利の場合は長期金利がベースとなりますが、銀行が独自に市場から調達した金利に上乗せできるため上乗せできる利率は変動金利よりも幅が広くなります。

 現実論としては、どちらの方が儲かるかということを考えるよりも自分達のライフスタイルに合った金利を選択してもらうのが何よりなのですが、参考にしていただけますと幸いです。

あわせて読みたい

「銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  4. 4

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  5. 5

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  6. 6

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  7. 7

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  8. 8

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  9. 9

    橋下氏 香山リカ氏の指摘に反論

    橋下徹

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。