記事

永守家の次男がつくる「AI搭載会話ロボ」 MJI代表 永守知博

1/2
2017年2月、トヨタなどが出資する「未来創生ファンド」などから5億6400万円の出資を受けたロボットベンチャーがある。代表に名を連ねるのは、日本電産の創業者永守重信氏の次男。名経営者のマインドは可愛らしいロボットにどのように受け継がれているのか。


田原総一朗×MJI代表 永守知博

少しずつ成長する「ゼロ歳の女の子」

【田原】永守さんの会社は、「タピア」というロボットをつくってらっしゃる。タピアは何のロボットですか。

【永守】ライフパートナーロボットです。おしゃべりをしたり、カメラで遠く離れた人とビデオ通話をしたり。たとえばご高齢で一人暮らしをしている親御さんのところにタピアを置いておくと、元気に暮らしているかどうかをお子さんが見守れる機能もついています。映像を外からケータイで見ることもできます。

【田原】話ができるんですか。

【永守】はい。ここにタピアがあるので動かしてみましょうか。タピア、自己紹介して。

【タピア】ツルツルのかわいらしいコミュニケーションロボットのタピアです。天気やニュース、知らない言葉を検索して教えたり、留守番をしながらおうちを見守りますよ。それから、皆さんの生活習慣を学習したり、いろいろものがわかるように日々勉強しています。おっと、しゃべりすぎかな。これからも、どうぞよろしくね。

【田原】ほお、話しかけると答えてくれるんですか。タピア、ここはどこですか?

【タピア】……。

【永守】(笑)。すいません、タピアはゼロ歳の天真爛漫な女の子という設定なので、最初は答えられないことが多いのです。でも、人間が成長するように少しずつ頭がよくなっていくので、今週答えられなくても来週には答えるかもしれません。

【田原】価格はおいくらですか。

【永守】BtoC、コンシューマー向けには9万8000円(税別)で販売しています。BtoBに関しては、搭載するアプリケーションしだいで安くも高くもなります。

【田原】一般の人向けと、ビジネス向けがあるわけですね。企業はどんな用途で買うのですか。

【永守】たとえば受付をやったりとか、病院で簡単な問診もできるでしょう。いま実際に使われているのは、ハウステンボスのレストラン。全テーブルにホール係としてタピアが置かれていて、挨拶をしたり、イベント情報を案内します。この春にオープンした「変なホテル 舞浜 東京ベイ」には、各客室にタピアがいます。コンシェルジュとして話しかけてテレビやエアコンをつけるというように、IoTのスイッチングハブとしての機能も備えています。

【田原】ホテルには外国人観光客もきます。会話できるんですか?

【永守】タピアは多言語対応です。いまのところ日本語、英語、中国語。2017年中に韓国語にも対応予定です。

親が有名でもプレッシャーを感じることはない

【田原】ところで永守さんのお父さんは日本電産の永守重信CEO。すごい人物が父親で、息子としてはどうですか。

【永守】サラリーマンの親父を持っても、八百屋の親父を持っても、親父は親父。親が有名な経営者だから、余計にリキむとか、プレッシャーを感じることはないです。


MJI代表 永守知博氏

【田原】お父さんはどういう人ですか。

【永守】素直にすごい人だと思います。世の中のカリスマって、きっとこうなんだろうなと。

【田原】家で、そう思うのですか。

【永守】いえ、すごさを感じるのは海外に行ったときでしょうか。東南アジアに行くと、パトカーが迎えにきたりするのです。おそらくただのお金持ちなら、こうはならない。現地で事業をつくってたくさんの雇用を生んでいるから、国のトップからもリスペクトしてもらえるのでしょう。

【田原】家ではどんなお父さん?

【永守】厳しいですね。理屈じゃない、昔の昭和の厳しさです。勉強しろとか、こう生きろといったことは一切言いませんが、社会に迷惑をかけることはするなとしつけられました。小学校1年生のとき、教室で吐いてしまったことがあります。普通は泣くのかもしれませんが、私は吐いたものを自分で掃除した。その様子を見て先生が驚き、母に「永守家ではどんな教育をしているのか」と電話をかけてきたそうです。

【田原】厳しいと、反抗期の反動も大きそうだけど。

【永守】いや、反抗期なんてないです。怖くて反抗できない(笑)。

【田原】大学は明治の理工学部。理工学部を選んだのはなぜですか。

【永守】実家が電気屋で、小さな頃からモーターや電化製品に囲まれて暮らしていたので、自然な選択でした。

【田原】ところが大学に入学後、腸閉塞で入院生活を余儀なくされる。

【永守】生まれつきの病気で、学生になって再発しました。

【田原】いまはもう大丈夫ですか。

【永守】社会人になってからアメリカで治しました。

【田原】卒業して院に進学される。

【永守】単位がギリギリで、就活している暇がなかったのです。留年して翌年に就活するなら、4年で卒業して院に行こうと。院ではネオジム磁石の研究をしていました。

【田原】そして富士通に就職する。

【永守】当時私は川崎に住んでいたので、近所だった富士通に学校推薦で入社しました。


田原総一朗●1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。本連載を収録した『起業家のように考える。』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。

あわせて読みたい

「ロボット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  7. 7

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  10. 10

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。