記事

おっぱいかく戦えり 地上波最後のおっぱいを探せ

1/2
Getty Images

 1990年代当時、私は南太平洋の小国・フィジーに家族と住んでいた。その頃のフィジーはまだテレビ放送すら存在せず、無論まだインターネットもない。唯一の日本の情報源は、大使館から駐在日本人の間を回りに回って回覧された挙句、ボロボロになった日本の新聞で、当時中学生だった自分の手元に届くのはだいたい発行から1年も経った後だった。

おっぱいOKの日本のテレビ番組は海外で大人気だった

 毎週ジャンプの発売と、ドラゴンボールZのテレビ放送を楽しみにしていた日本の少年が、ある日を境にそんな境遇に置かれてしまったことを思いやってか、時折、日本に住む祖父がテレビ番組を撮りためたVHSをフィジーまで送ってきてくれた。それをビデオにセットして再生すると、自宅の隣にある部落から部族たちがいつの間にか集まってきて、私の同時通訳で鑑賞会が始まる。やはり、人が転んだり爆発したりするのは人類共通の笑いのようで、『お笑いウルトラクイズ』のウケが一番良かったことを今でも覚えている。

 私はそのVHSを部族のみならず、クラスメイトの韓国人やアメリカ人たちにもよく見せていた。すると、特に「おっぱい」について絶賛された。当時の日本のテレビ番組は『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』や『バカ殿様』など、志村けんについていけばだいたいおっぱいが見られたものだが、韓国やアメリカのテレビではおっぱいはNGらしく、

韓国人「我が国は保守的でここまで開放的ではない。だから日本がうらやましい!」
アメリカ人「おっぱいは有料チャンネルじゃないと見られない。制限がない日本がうらやましい!」


 といった感想が寄せられた。90年代の日本はニンテンドーやウォークマンなど、世界中の中学生にとってまさに黄金の国であり、おっぱいを前に驚く彼らに対して私は、

「見たか、これがライジングサンの表現の自由よ! いつか君らの国のテレビでもおっぱいが解禁になるだろう、はははは!」

 と非常に勝ち誇っていた。そして、今後ますます日本のテレビはより過激に、より自由になっていくのだろうと思っていた……

が、そうならなかった。

社会が成熟して細かく整備されていくうちに、地上波テレビからはおっぱいが消え、今やスカパーなどでしか見られなくなった。アメリカの後追いになってしまったのだ。

地上波から消えた「おっぱい」

 では、いつから地上波でおっぱいはNGになってしまったのだろうか? 前振りが異様に長くなってしまったが、「地上波のラストおっぱい」を探すことにしてみよう。しかし、その前に定義しておきたい。ここでいうおっぱいとは女性の「乳房」のことではなく「乳首」、厳密には「乳輪から先」のことだ。

 かつて、そんな「乳輪から先」を死ぬほど露出していた番組といえば、まずフジテレビの『志村けんのバカ殿様』が挙げられるだろう。今でも1年に3回くらい不定期放送している長寿番組なので、そろそろまた放送しそうな頃合いなのだが、当然ながら今はおっぱいは出てこない。では消えたタイミングはいつなのか? それを調べた記事が以下のリンクだ。これによると、『バカ殿様』からおっぱいが消えたのは2000年以降としている。
https://sirabee.com/2015/03/27/23334/

『バカ殿様』を筆頭に、おそらく2000年以降、徐々にゴールデンタイムからおっぱいは粛清されていったものと思われる。しかし、おっぱいたちは深夜帯に立てこもって抵抗を続け、風前の灯ではあるものの、わりと最近まで地上波で放送されていたようだ。されど、スマホが普及しつつあった2012年1月7日、ついにおっぱいたちは最後のひと燃えのような輝きを放ち、その有終の美を地上波で飾る。

 その日の0:12、まずテレ東『湯けむりスナイパー お正月スペシャル2012』で開始早々おっぱい丸出し2名、さらに同じ日の23:15、今度はテレ朝『特命係長 只野仁 ファイナル 第二夜』でも開始早々1名と、1日で2番組もおっぱい特攻をしかけてきたのだ。さらに付け加えると、その前日である1月6日の23:15から『特命係長 只野仁 ファイナル 第一夜』でも開始早々におっぱいが露出されていたので、

「只野仁 第一夜」→日が変わった直後に「湯けむりスナイパー」→睡眠&日中待機して夜11時に「只野仁 第二夜」

 という感じで、2012年1月6日の夜から1月7日の夜にかけて怒涛のおっぱい巡りができた奇跡の日になったのだ。しかしこの狂い咲きをもって、おっぱいたちは東京の地上波から消滅。そして東京を放棄したおっぱいたちは、拠点を大阪に変え、さらなる抵抗を続けようとした。

 2012年9月12日の0:12、テレビ大阪は「地上波の限界に挑戦する!?」と銘打って、『ガチバラ! こちら温泉DVD制作会社』を放送。入浴中のAV女優・麻美ゆまのポロリで最後の決戦をしかけたのだ。
http://www.tv-osaka.co.jp/gachi/

 この戦の将軍は、田原総一朗氏である。田原氏はその番組中、温泉DVD制作監督という役柄で登場する。これについて氏に直撃してみると、

「僕はね、バスタオルを巻いたまま温泉に入るのがずっとおかしいと思っていた。だから、至って真面目に温泉番組を作ったんだ。大阪だからこそ実現した企画」

 とこだわりを明かしてくれた。当時、この「大阪だからこそ」というポイントは重要だったみたいで、実際にこの番組を見た浅草キッドの水道橋博士も以下のツイートを残している。「東京じゃもうポロリは無理だけど、大阪ならあるいは…」と一縷の望みを託した空気が、漂う人には漂っていたようだ。


「ご好評いただいたら、レギュラー化も夢ではない」という位置付けの実験的番組であったが、田原氏のマネージャーによると、放送後、テレビ大阪はだいぶ怒られたようで、この番組は結局レギュラー化もされないままに、結局これが地上波での本当に最後のおっぱいになってしまう。真の意味で「地上波の限界に挑戦した番組」になってしまったのだ。

 しかも、その地上波おっぱいの幕引きを、かつて浅草キッドによって「日本初のAV監督」と評された田原氏が務めることになったとは、もはや運命というべきなのか、皮肉というべきなのか…。

「そうか、僕の番組が最後だったのか……」

 老将は一抹の寂しさを見せつつも満足げに、そっと瞼を閉じて言った。2012年9月12日、我々はこの日を忘れない。

が、まだまだおっぱいたちは生き残り続けた。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田議員擁護した松本人志の限界

    小林よしのり

  2. 2

    獣医学部めぐり総理が自爆発言

    郷原信郎

  3. 3

    日本品種のイチゴが韓国に流出

    中田宏

  4. 4

    和田議員自民へ入党届提出を報告

    和田政宗

  5. 5

    勝谷氏 知事選でイメチェンは損

    大西宏

  6. 6

    左派まで始めた天皇の政治利用

    文春オンライン

  7. 7

    怒る人 マツコと豊田議員の違い

    PRESIDENT Online

  8. 8

    つり目ポーズ 外国人に悪意ない?

    NewSphere

  9. 9

    東芝と富士フイルムに共通の失敗

    片山 修

  10. 10

    NHKクロ現 政治部VS社会部で火花

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。