記事

妻が夫との行為を拒む理由|渡辺ペコ「1122」

1/2

新刊マンガ、渡辺ペコ「1122」(いいふうふ)1巻は、結婚7年目の仲良し・子なし・セックスレス夫婦が「婚外恋愛許可制(公認不倫)」を選択したという話。

とても面白いのだが、連載中のため、どこまであらすじにふれていいか分からないので、「1122」を読んで私が連想したことを書きたい。

日本家族計画協会「男女の生活と意識に関する調査」によると、セックスレス夫婦の割合は全体の47.2%(2016年)で、夫の理由は「仕事で疲れている」「家族のように思える」「出産後何となく」、妻の理由は「面倒くさい」「出産後何となく」「仕事で疲れている」である。

女性にとって、自身の性欲(以下『欲求』)が強いか弱いかで、結婚の意味は全くちがってくると思う。

私の観測範囲では、男性よりも欲求が強い女性もいれば、全く欲求がない女性もいて、個人差が激しい。
どっちが多いのかは分からない。

妻側の理由1位は「面倒くさい」だが、ここに隠されている、言語化できない本当の理由について考えてみる。

男性が求めるタイミングに合わせて、欲求を出せない

私は20代のとき、朝も昼も夜も土日も盆も年末も働いていた。
そのため、もともと欲求が弱いこともあり、疲れていて、恋人と会っているときに、タイミングよく欲求を出せないことで悩んでいた。

欲求は弱いけど、ないわけではないのだ。
だから、たまに土日に仕事がなかったとき、土曜日は一日寝て、日曜日の午前中に長風呂して、からだがあったまってひとごこちついたときに、「あれ、ずっと忘れてたけど、なんかもやもやするかも…」という気持ちになることはあった。

でも、恋人と会っているときに、その状態をタイミングよく出せないのである。
疲れを取って、一人でリラックスして…、というステップを踏んで、やっとぽわんと出てくる(そしてすぐ消える)ものだった。

働く主婦は忙しすぎる。
現在の労働環境は、男性の体力を基準にして設計されているので、週5日×8時間の定時上がりでも、女性の体力的にはけっこうつらい。
その上、帰っても家事やら姑やら、子どもがいれば育児やら、ずっと動きっぱなしで、リラックスできるのっていつなのと思う。
それで、疲れて布団に入って、タイミングよく欲求を出せるかというと、私だったら絶対無理なんである。

10代でタブーだったものを、妊娠適齢期にいきなり出せない

また、女性は10代のときに、(妊娠しないように)自身の欲求に「気づく」ことを厳しく禁じられていることも、大きな影響を与えていると思う。

そのため、欲求が弱いと、自分の欲求を肯定的にとらえ、そういう行為が楽しく後ろめたくないものだと再認識することが難しい。

だから、妊娠適齢期になったからといって、今までタブーだったものを、男性が求めるタイミングに合わせてパッと出せるかというと、欲求が弱い場合は無理なんである。

特に、現代的な暮らしにおいて、「動物」にならないとできないことって、性行為だけだと思う。
欲求が弱いと、その恥ずかしさや後ろめたさ、非日常感(いつもの自分を失うこと)を乗りこえられない。

さっきまでマンションのローンだの子どもの保育園道具に名前づけが必要だのという話をしていて、明日は5時に起きてお弁当を作らないといけない。
そのあいだの細切れ時間に、いきなり動物になって非日常に「切りかえ」できるかというと、私だったら無理なんである。

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  2. 2

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  3. 3

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  4. 4

    北の木造船 逃走の狙いは迎えか

    AbemaTIMES

  5. 5

    焦点:EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」の...

    ロイター

  6. 6

    「笑いは残酷」北野武が映画語る

    fujipon

  7. 7

    トランプ氏に何もできないアラブ

    野口雅昭

  8. 8

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

  9. 9

    保育園問題 苦情多いのは高齢者

    文春オンライン

  10. 10

    Suicaで新幹線 JR東日本で可能に

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。