記事

痴漢や強姦など性犯罪被害者を生まないために ー「性障害」への医療や福祉的ケアのすすめー

1/2

未だに止まらない性暴力や性犯罪事件

2017年5月29日の午後、28歳の女性が記者会見を開き、元TBS記者でジャーナリストの男性から、性的暴行を受けたと訴えました。男性は不起訴になっていますが、捜査過程では、不自然に一度出た逮捕状の執行が止められていたそうです。

女性が顔を出して被害を訴えることは、大変勇気がいることであるし、今後も経緯を説明する責任が警察当局にはあるはずです。

この事件に限らず、女性に対する性暴力などが後を絶たないことは報道でよく知られているところです。

私たちの周囲にも痴漢防止の張り紙が各駅で見かけられますよね。被害者が後を絶たない状況です。

それでも、多くの被害者は声を上げることが困難な状況に置かれていることも事実であり、前述の事件でも被害女性に対するバッシングがネット上には多数散見されています。

このあたりの実情は「彼女が顔を出して語ったもう一つの意味」(小川たまか)をお読みいただけたらと思います。

性暴力であるという認識と性依存症への治療やケアの必要性

わたしはソーシャルワーカーという仕事をしています。

だからこそ、過去には性犯罪をしてしまった方のケア、被害に遭われた方の双方に関わらせてもらったこともあります。

加害者側からは、「性犯罪を悪いことだと認識しているけれども、イライラすると繰り返してしまう恐れがある」と語られたこともあります。

要するに、性のコントロールが難しい状態に置かれている人がいるのです。

それが事件化するか否かは別として、なぜ性暴力や性犯罪は繰り返されるのでしょうか。

特に、性暴力による加害者の背景を分析し、その後のケアの話題が取り上げられることは多くありません。

性犯罪や性暴力の言動は、自身で問題を自覚し、ケアや治療によってサポートしてもらえば、行動は抑制されるものだと認識されています。

精神医療の領域では、以前から治療の対象として、性暴力や性犯罪に向き合ってきた歴史があります。

例えば依存症治療で実績がある大石クリニックでは性嗜好障害として以下のように述べています。

性的な行為は、本来、それ自体が問題になることはありません。しかし、痴漢・盗撮など(繰り返す性犯罪)の社会的に問題につながる行為をしたり、性交渉や風俗の利用回数が極端に多くなったりすると、性嗜好障害という病気の可能性があります。国際的な疾病に対する統計基準であるICD-10によると、性嗜好障害に分類されます。

一般的には身体的・社会的なリスク(性犯罪など)を冒してまで性的問題行為をすることがしばしばあったり、特定の性的行動(不倫、マスターベーション、のぞき、痴漢など)がやめられない、売買春など不特定多数の人間とセックスをする、風俗通いなどがやめられず金銭的に困窮している、強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反など法に触れるような行為など、性的行動のコントロールが効かなくなる状態のことを言います。

出典:大石クリニック 性嗜好障害(性依存症)とは?

皆さんはどうでしょうか。

様々なストレスなどの環境要因から「性的行動のコントロールが効かなくなる状態」として、加害者、当事者の行動を見る必要があるのではないでしょうか。

あるいは非難して忌避するだけではなく、依存症による言動であるとして、治療やケアの対象として積極的に位置付けていく必要性もあるのではないでしょうか。

このあたりの認識が社会に広がることが重要だと思っています。

例えば、性依存について自覚される方たちが集まる「SA-JAPAN(無名の性依存症者の集まり)」など、自助グループも活動をおこなっています。

ひとりでは弱いので、同じ経験や近い経験を有する仲間たちで依存症と向き合い、自己を見つめ直していこうとする取り組みです。

性に限らず、アルコール依存、ギャンブル依存、薬物依存などからの脱却を目指して取り組むグループもあります。

「SA-JAPAN(無名の性依存症者の集まり)」は、セックスアホーリクス・アノニマスと呼ばれます。

セックスアホーリクス・アノニマスは、経験と力と希望を分かち合って共通の問題を解決し、他の人たちも性依存症から回復するように手助けしたい、という共同体である。

SAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、性的な渇望をやめ、性的にしらふになりたいという願いだけである。会費もないし、料金を支払う必要もない。私たちは自分たちの献金だけで自立している。SAは、いかなる宗教、宗派、政党、組織または施設、団体にも縛られていない。また、どのような論争や運動にも参加せず、支持も反対もしない。

私たちの本来の目的は、性的なしらふにとどまることであり、他の性依存症者も性的なしらふに達するよう手助けすることである。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  5. 5

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  6. 6

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。