記事

「仕事はお金をもらうためだけのためにしています層」の終焉

1/2

自民党ヤニ議員の大反対でついに厚生労働省が今国会での飲食店での受動喫煙禁止法案を諦めたという報で3日ほど沈んでおりました。


図らずも自民党重鎮の中で受動喫煙に反対するのが塩崎厚生労働大臣1人ということを露呈してしまった発言。「自分の言うことだけ通るなら政治はいらない」そうでありますが、いままで非喫煙者はずっと大嫌いなタバコの煙を無理矢理吸わされてきた。喫煙率が20%を切り、その猛烈な毒性が認知された今になってもこの発言は、全く国民の健康なんて関係ないというヤニオヤジ感が満載。

かくなるうえは、都議会選で厳しい禁煙政策を打ち出す都民ファーストをボロ勝ちさせて喫煙は政治的な課題になる」という認知を作らないとなるまい。しかし都民ファーストの素案が「職場は全従業員の同意があれば喫煙可」とか意味の分からない抜け道があるようで、ヘビスモーカーの社長に逆らえる社員があるわけない。誰がこんな但し書きをつけ加えたんだ。これだと全力支持までいかないではないか。

誰でもできる労働は近い将来にどんどんなくなっていく

Yahoo!ニュースにこんなのが流れておりました。

「数年以内に、レジ打ちという仕事がなくなる」赤羽雄二氏に聞く

まず、比較的賃金の高い肉体労働が「機械」に置き換わっていく。

宅配便、タクシー、長距離トラックなど、過酷な仕事、人件費が高い仕事から置き換えられていく、と考えておくのが妥当だと思います。倉庫作業は、今アマゾンなどを中心に全力投球でロボット化が進められています。もともと巨大倉庫の中でのピッキングなどは、一日の歩行距離も長く過酷な仕事です。あと何年かのうちに倉庫作業がほぼ全自動になるのは、時代の趨勢です。スーパーのレジ打ちの仕事は、もっと早くなくなるでしょう。現在でも一つひとつの品物にIDをつけるのは、技術的には十分可能です。また、画像処理によっても、それは可能です。

将来なくなる職種としては、単純肉体労働は「コンピュータ制御の機械に置き換わる」わけだし、頭脳労働の一部は「AIに置き換わる」わけで、すでにどんどん置き換わっている。この間「将来、AIに置き換わらないために」という情報商材のスパムが来たが、出してるお前が一番失職するわ。機械やAIは情報商材買わないからな。

安倍首相殿。日本再生のためにいますぐ政府にAIを導入してください

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  3. 3

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  4. 4

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  5. 5

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  6. 6

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  7. 7

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  8. 8

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  9. 9

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  10. 10

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。