記事

受験シーズンだから敢えて言う!日本の教育なんとかしなきゃって何年いってんねん?

 昨日は2月1日、関東方面では、有名私立中学は、受験日です。
 昨日は千葉商大の大学院での講義日だったので、総武線に乗りましたら、可愛い小学6年生を連れた、とても感じのいいお母様と同席。たまたま政治にも関心のある方だったので、「お話がはずみました。
 以前横浜にいらして、千葉に転校になり、地元の公立小学校に通っているその坊ちゃんについて、お母さんいわく、

 「先生が、「競争社会なんてとんでもない」「競争は悪いことだ」って教えるんです。塾に行こうとしても、他のことで残されてなかなか行けなくて、、。」

 ほんとにそうだったら、ゆとり教育の弊害、まだ取れてないってことでしょうか。
 とても利口そうで、かつ健康そうなそのお子さん、私の通った学校の兄弟校でもある、さる最難関私立を受けてきたとのこと。

 こういうお話をすると、特別なできる子どもさんだけの話、と受け取られても困ってしまうのですが、去年もこの時期、お嬢さんが小学校受験に失敗して、どうしても私立にやりたい都内のお母さんの陳情を受けましたし、その手のお話は例年枚挙に暇がないのです。

 小学校受験は、まだメジャーには至っていませんが、中学受験となると、都会では、かなり一般化していて、「公立のレベルでは飽き足らない」「大学受験に有利」という理由だけでは説明ができない、「公立にはやりたくない」現象が広範に広がっているのです。

 この現象を最小に間違って政策対応したのが平成2年のゆとりだったと思うのですが、いままた、「授業内容を理解していない生徒の率が高い、これではだめだ」が復活、、。学びの行政に学ばないデジャビュ、冗談ではありません。

 ツイッターでこの議論をしたとき、私は職業との関係を述べました。

「今は、大学は定員に比して全入状態。特に資格につながらない、文科系の大学の学部を出ただけでは、企業側からみれば、IT化やアウトソースできる業務しかできないので、正社員就職は困難。学部や専門と、就職のミスマッチがひどくなってかなりの時がたっており、「大学でても仕事や人生の安定は危うい」先輩達をみている子ども達は、ますます勉強しなくなる。
  手に職的な教育に分けていくべきだ、中国はすでにIQで子ども達の進む分野を振り分けているらしい、、。

 このところ行く先行く先で人材育成、アジアの若者との競争など、いろいろな話になります。

 でも、こどもに目標を持たせるのって、近くにいる大人、最も一般的には親や親族ですよね。背中を見て育ちますもの。それが事情により困難な場合、シルバー世代の方達が、親戚でない子ども達に人生を教える場がもっとあっていいという、この案ももう10年以上言われ続けていますが、、。

 とにかく対応が鈍すぎる、しがらみや既得権が強すぎるんですこの分野、、。
 いや、この分野もというべきか。

 何年やってんねん?文部科学省!

 教育の目的は年齢段階で、いろいろです。就職だけが目的でないのは当然ですが、女子も含めて一度はなんらかの仕事をする最終学校(それが中学であれ大学院であれ9卒業生がほとんどになった今の日本社会、出口論を考えるのは当然です。

 この政策、霞ヶ関時代にもいつも思っていたのですが、芯があるようで、結構ゆれるんですよ。臨教審とか、いろいろなフォーラム、できては方向、出るにはでるのですが。

 今日だから、この件にコメントしてくださる方多いはず!お待ちしてます!

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  5. 5

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。