記事

内閣支持率変調の兆しを感じる

1/2

安倍内閣は、安保法制の際に一時支持率が低下したものの、長期に渡って高い内閣支持率を維持してきました。

政策的にはなんの成果もだせていない安倍内閣ですが、運良く景気の好調を維持し、北朝鮮の相次ぐミサイル実験、南沙諸島での中国の基地建設、トランプ政権の誕生、英国のEU離脱、韓国の文政権の誕生など、世界の情勢が揺らいできたなかでは、できるだけ安定した政権を望む国民の気持ちが反映してのことだと思います。

小選挙区制度によって官邸へ権力が集中し、対野党だけでなく、与党内、官僚に対しても一強となったことも安定感を増しています。

ところが、日経のクイックVOTEで、安倍内閣支持率が急落したことが話題になりました。もちろん、こういった調査結果を見る場合に、注意しておかなければいけないのは、どんな方法で、どんな人たちを対象として実施された調査の結果なのかです。

それによって調査結果をどう解釈するのかも違ってきます。できるだけ偏らないように配慮して対象者を選んだ調査結果と、日経のネット読者がネットでクリックして投票した日経のQUICK VOTE結果は違っても当然です。

日経が説明するように「クイックVoteの調査は世論調査とは異なり回答者に偏り」があり、「全国の有権者の縮図といえるデータ標本とはいえない」し、「加計学園問題で政府に不満を持つ多くの方がアンケートに応じてくださったことで、異例の低支持率につながった可能性」があることも事実でしょう。

たとえそうだとしても、日経のクイックVOTEの結果はあまりにも見事な安倍内閣支持率の急落でした。支持が52.1%から26.7%に落ちこみ、不支持73.3%で、2012年12月の第2次安倍政権の発足以降、最低の水準に落ち込んだのですから。

田代秀敏 Tashiro H. @chinaholic

が急落し30%を下回り、不支持率が70%を超えています。日本経済新聞電子版インターネット意見投票「」2017年5月27〜30日の衝撃的な結果です。 http://s.nikkei.com/2rzQ6eK 

さっそくネトウヨの人たちが、反安倍勢力が集団で動員してクリックした結果だと、陰謀説を披露していましたが、ネトウヨなら炎上させることができても、野党にそんな組織力はあるとは思えません。

かつて、ニコニコ動画の世論調査の結果と新聞メディアの行っている世論調査の数字が乖離してるのは、新聞メディアが結果を捏造する操作をやっているからだと騒がれていたことがありました。そもそも調査の対象となった人たちが異なるので、結果が違っても当然です。いくらなんでも世論調査を操作するほど日本は民度が低くはないのです。

あわせて読みたい

「内閣支持率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。