記事

上陸から半年「アップルペイ」の実力評価

(ファイナンシャルプランナー 風呂内 亜矢 構成=元山夏香)

2016年秋、鳴り物入りで日本に初上陸した「Apple Pay(アップルペイ)」。サービス開始から約半年が経過した今、改めて、検証してみたい。アップルペイは、実店舗やネットでの買い物時、iPhoneなどで決済できるサービス。決済は、あらかじめ対応の電子マネーやクレジットカードを登録したうえで行う。

Apple社のサイトより

利用できる端末は、17年5月現在で「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「アップルウォッチ2」。ネット利用時に限っては「iPhone 6」や「iPad」などの旧端末もOK。

以前から「おサイフケータイ」というサービスは存在していた。しかし、おサイフケータイ対応スマホはAndroidのみだったため、アップルペイ導入は、スマホ保持者の過半を占めるiPhoneユーザーに大歓迎された。

おサイフケータイが主要な電子マネーに概ね対応するのに対し、アップルペイに設定できる電子マネーは3種限定。プリペイド式電子マネー「Suica」とポストペイ(後払い)式電子マネーで知られる「iD」「QUICPay」である。基本的に「アップルペイが使える場所=3つの電子マネーのどれかを使える場所」となる。

なお、アップルペイにはクレジットカードも設定できるが、クレジットカードを選択してもiDやQUICPayを通じて決済する。アップルペイの読み取り機は電子マネー対応のものであり、クレジットカードの読み取り機能が備わっていないからだ。

よって、アップルペイに対応するのは、原則としてiDやQUICPay搭載のクレジットカードとなる。代表的なのは、iDの発行元であるNTTドコモの「dカード」QUICPayの発行元のJCBブランドのカードなど。

ただし、カードによっては、券面に電子マネーのマークがなくても、実はiDやQUICPayと繋がりがあり、アップルペイに設定できる場合も。このあたりは少々わかりづらいので、アップルペイの公式サイトから対応するカードをチェックしてみてほしい。

今年3月にはアメックスが提携を発表するなど、アップルペイで利用できるカードは増加している。新しくカードを作らなくても、手持ちのカードを設定できる可能性がどんどん高くなっているのだ。

さて、肝心の使い勝手だが、筆者が半年強利用した感覚だと、やはり一番便利さを実感するのは、Suicaを利用するシーン。改札にかざすだけで通過できるのは快適だ。


iDやQUICPay決済も実践したが、こちらはSuica利用時と違い、「Touch ID」に指を載せたままリーダーにかざす(iPhone 7の場合)。なかなか読み取り機が作動せず、何度か歯がゆい思いもしたが、財布を忘れたときなどに頼れることはたしかで、所有する価値はあると感じた。

iDとQUICPayは利用可能な場所が多少違うので、できれば両方持っておくといいだろう。たとえば、オリコカードの「Orico Card THE POINT」のように、iDとQUICPay両方が付帯するカードも狙い目だ。

アップルペイは特段お得な決済ツールではない。しかし、カード会社によっては、アップルペイ利用者向けキャッシュバックキャンペーンなどを実施するところも。上手に活用し、スマホ決済ライフを楽しんでみてほしい。

あわせて読みたい

「Apple Pay」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。