記事

VALU、ブロックチェーンで岐路に立つ日本のネット業界

1/2
日本のネット業界は今、岐路に立っています。

そう考える理由は、先日VALUというサービスが開始されたのを目撃したからです。

正直言って、これにはガツンと鈍器で殴られたような気がしました。

こういうことは、そう度々ありません。

前回、このような衝撃を受けたのは1995年にネットスケープがIPOした時です。その時のことは本にも書いたので詳細は割愛します。当時は、(兎に角、一家をあげてサンフランシスコに転居するしかないな!)という焦りの気持ちで一杯だったことだけを記しておきます。

さて、本題のVALUですが、これは個人の人気を、まるで株式市場のように売買できるサービスです。実は、そういうサービスを、僕はかねてから夢見てきました。下は2016年3月2日の記事です:

はあちゅうサンが、仮にFacebookのような株の銘柄だったら……

その記事に書いたことが現実になったので「あっ!」と叫んでしまったのです。

さて、ここで大事なことを言いますが、VALUで著名人が発行するVAは、「株式」ではありません。株式(shares)はビジネスがその利益を持ち株比率に応じて「山分け」する取決めであり、さらに議決権を通じてその運営に「口出し」できることを約束するものです。

VALUは、著名人の人気を売り買いするだけなので、それは美人投票のようなものであり、明示的にリワードを約束すると、株になってしまうリスクがあります。

そういうと、これを読んだ読者は、なんだか曖昧だなと思うでしょう。それについては、ちょっと後で述べます。

VALUはビットコインを使っています。そのビットコインはブロックチェーン技術に依拠しています。

今、ブロックチェーン技術は経済学の概念では据え付け期間(installation period)の真最中にあります。つまりその技術があまねく普及するためには、まずそのインフラストラクチャを整備しなければいけないというわけです。

実はこのインフラストラクチャの整備期間はバブルが起きやすい時期でもあります。いや、もうすこし正確な言い方をすれば熱狂(frenzy)が無ければ、必要なインフラストラクチャの整備はできないのです。

新技術は、だいたい最初は胡散臭いものとみなされがちです。その効用が曖昧(opaque)な場合もあります。

このように技術評価や市場評価が難しい目新しいものに対し、投資家は楽観的すぎる予想をたてます。その楽観的すぎる予想は、熱狂につながりやすいです。

具体的事例を出します。

英国で18世紀末に起きた運河ブームでは、折からフランス革命で裕福層の財産が危険に晒されたので、イギリスまで逃避してきた余剰資金が運河の投機に向けられました。

最初は計画的に運河が掘られたのですが、だんだん重複するルート、そして運河の幅や深さが不統一な運河がやみくもに掘られました。つまりとんでもないムダがそこにあったのです。

そうした過剰投資は1798年のパニックを招来します。多くの人が富を失ったことはいうまでもありません。しかし運河は残ったのです。また運河が無ければ、紅茶カップのウエッジウッドの成功も無かったかもしれません。

同様に鉄道建設ブームのときも熱狂につつまれました。鉄道王たちが競って鉄道を敷いたので、過当競争で不採算に陥る鉄道が多かったです。そればかりか設計や敷設が杜撰でつかいものにならない鉄道、果ては鉄道証券だけ発行して実際に鉄道を建設しない業者すら現れました。

つまり運河ブームの教訓空しく、ここでも途方もないムダが繰り返されたのです。でも結果としてアメリカは、この鉄道網がもたらす経済効果をテコに欧州にキャッチアップします。このようにパラダイムシフトが起きている時は後れを取り返す好機なのです!

1908年は有名なフォード・モデルTが発売された年です。モデルTは、大量生産の手法を使った最初の大衆車でした。これが「自動車と石油の時代」の幕開けです。人々が、遠くまで移動できるようになったので、たとえばフロリダで不動産ブームが起きました。『グレート・ギャツビー』に描かれたような、これみよがしの消費や乱痴気騒ぎがありました。そしてそれは1929年の大暴落へとつながってゆくわけです。

なぜこのような歴史をグダグダ書くか? といえば、熱狂はインスタレーション・ピリオドの母であるということが言いたいからです。

あわせて読みたい

「VALU」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  5. 5

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  8. 8

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  9. 9

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

  10. 10

    立民で政策実現? 入党議員に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。