記事

2万6千円と赤字国債

 某テレビの討論番組で、与党の子ども手当の財源が、歳出カットだけではできなくて、赤字国債を増発することになった場合、民主党の選挙公約との関係はどうなるのか、という議論になりました。

 放映と、その内容は、事前にあまり詳しくもうし上げられませんが、私が注目したのは、街頭インタビューで、若い人もお年寄りも、「赤字国債をその分増やすなら、子ども手当は必ずしもいらない」との反応が多く、働き盛りは、「ある程度は出しても仕方ないけれど、歯止めなく赤字を増やすのは」という反応だったこと。

 おもしろかったのは、中学生くらいのお子さん二人のインタビューで、「私たちが、その借金を将来負担するので、赤字公債による子ども手当はやめてほしい」と、きわめて冷静に、言い放っていたこと。

 久し振りに東国原知事と、ご一緒しましたけれど、「与党のマニフェストに入っている政策の中で、これはできない、やめてほしいというものをあげて」という質問で、わたしと知事が、奇しくも

 (1)高速道路の無料化
 (2)最低賃金1000円

 ゲスト出演していた、建設現場で働いた経験のあるタレントさんも、「1000円にしたら、ほとんどのコンビニはつぶれ、零細企業は廃業」、知事は「宮崎は今でも630円台。無理!」

 私は生で聞いてなかったのですが、選挙中に鳩山党首が、「赤字公債には頼らない!」などと、かなり格好よく、言ってしまわれたみたいですね。
 税収減少の補てんと、財源づくりが足りなくなって出す国債と、お金に色はありません。地方公共団体の減収補てんもやる、という以上、さらに歳出は膨らまざるを得ませんね。

 どうやっても無理なやりくり、、。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  2. 2

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  3. 3

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  4. 4

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  5. 5

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  6. 6

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  7. 7

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  8. 8

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  9. 9

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  10. 10

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。