記事

国民の知る権利から当局を守る防波堤、記者クラブは駄目だってよ。

1/2
記者クラブ加盟の新聞、テレビは情報操作をして自分たちに都合の悪い情報を隠蔽しております。
こういう政府との癒着・談合団体を、我が国では「社会の木鐸」と呼ぶそうです。

「記者クラブ廃止」「独立機関設立」…国連特別報告者が提言 大手メディアはほぼ無視

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20160426-00057026/

>表現の自由に関する日本の状況を来日調査した国連の特別報告者、デビッド・ケイ氏が4月19日、暫定的な調査報告(以下「暫定報告」)を発表し、外国特派員協会で記者会見を行った。これについて新聞・テレビの大手メディアがどう報道したか調べたところ、案の定というべきか、肝心なメッセージが抜け落ちていた。

>デビッド氏は、暫定報告の「メディアの独立性」(Media Independence)という節で、こう指摘した。
もし日本のジャーナリストが独立、団結、自主規制のためのプロフェッショナルなメディア横断組織をもっていたなら、政府の影響力行使に容易に抵抗することができたであろう。しかし、彼らはそうしない。いわゆる「記者クラブ」制度はアクセスと排除を重んじ、フリーランスやオンラインジャーナリズムに害を与えている。

>記者クラブについても、「アクセスジャーナリズム」(引用注:取材対象と癒着した不健全なジャーナリズム)を促進し、メディアの独立性を阻害し、国民の知る権利を制約していると批判し、明確に「廃止すべき」(should be abolished)との考えを表明した(会見動画45:09〜)。

>ところが、4月25日までの在京6紙の報道を調べたところ、記者クラブ廃止の提言については、東京新聞(20日付朝刊3面)と朝日新聞(デジタル版)が少し触れた程度で、毎日、読売、産経は全く触れていなかった(日経は、デビッド氏の来日調査について報じた記事がゼロ)。朝日はデジタル版記事で、デビッド氏が「記者クラブの排他性も指摘し『記者クラブは廃止すべきだ。情報へのアクセスを制限し、メディアの独立を妨害している制度だ』と批判した」と報じていたのに、なぜか紙面版記事では提言の部分がカットされていた。

>テレビはどうだったか。NHKや民放の主なニュースを調べたが、デビッド氏の来日調査についてのニュースは扱い自体が非常に小さく、記者クラブ廃止やメディア横断組織の提言を報じたものは一つも見つからなかった。

ぼくは昨年まで約3年ほど防衛省記者会見に出ておりました。
それは外国メディアの代表として外務省のパスをとり、外国特派員の団体、FPIJに加盟していたから可能でした。これは民主党時代に岡田外相時代にできたシステムです。これだけは民主党政権の成果です。

通常のフリーランスや雑誌の記者は記者会見に出られません。防衛省では市ヶ谷クラブという専門媒体の第2記者クラブがありますが、色々と差別的な扱いがあります。記者クラブが白人ならば、市ヶ谷クラブは黒人、我々フリーランスや雑誌の記者は人間扱いされないということです。

防衛省では大臣や各幕僚長の記者会見は外国メディアでも参加できますが、次官の会見、その他記者クラブ会員のキャップや論説員クラスだけが参加できる会見は我々には解放されていませんでした。

更に、各種のセミナーや勉強会、自衛官との意見交換の懇親会なども記者クラブ以外参加できないものが殆どです。何しろ通知があるのは記者クラブ内の掲示板ですから記者クラブ会員以外は知ることは極め困難です。

どれだけ記者クラブが当局へのアクセスを独占してるか分かるでしょう。

ところが記者クラブの記者たちは殆どがその道の「シロウト」です。ぼくは防衛関連の原稿を書くようになって、四半世紀が過ぎております。海外での取材、特に人があまり行かない中東や南アフリカにも繰り返し行ってきました。また我々の業界では評価の高いジェーズの媒体の仕事もしてきました。

ところが、防衛省担当の記者は若手が殆どで、キャップクラスでもぼくからみれば「小僧、嬢ちゃん」です。これは単に若いからということではありません。軍事の知識が欠如していることを問題だといっているわけです。
単に会社の都合のローテーションで防衛省という役所の担当になっただけです。

つまり、記者会見はシロウトが独占してその道の専門家であるジャーナリストを排除する団体ということです。

彼らは取材をしても原稿を書いても内向きで防衛省、自衛隊、それと在日米軍の視点からでしか思考ができません。軍事というフレームで思考ができません。また外国の軍隊と比べてるということができません。
ですから、衛生が全くお子様レベルとか、装備調達が事実上計画がないということが如何に問題であるか理解できません。

それにレクチャーを受ける相手が、世界の軍隊の実態を知らず、月刊軍事研究すら読んでいないような井戸の底身に住んでいる蛙みたいな自衛官ばかりですから、まともな情報を持っているわけがありません。

あわせて読みたい

「記者クラブ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  7. 7

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  8. 8

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

  9. 9

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  10. 10

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。