記事

【東京都議選大胆予測・全候補者選挙区別一覧】自民が第1党。都民F+公明過半数届かず、民進は激減か

1/2

都民F38に躍進も、自民46で第1党。・民進6・公明23・共産10・維新2・ネット2・無所属諸派1

7月2日投開票の都議選まで1ヶ月となった。

都議選についてはこれまでも高橋亮平(一般社団法人政治教育センター代表理事・NPO法人 Rights代表理事・元中央大学特任准教授・元市川市議・元市川市長候補)コラムhttps://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/ )でも書いてきたが、各党の立候補予定者も出揃ってくる中で、今回は選挙区ごとに情勢調査を行なってみた。

5月中の情勢に基づく推計だが、結果は、自民党が45.8議席となって第1党となりそうなものの10.2議席の減だ。都民ファーストの会は民進党離党組の推薦候補も合わせれば、5議席から38.0議席まで躍進するが、推薦を出している公明党の23.0議席を足しても61.0議席と、全127議席の過半数である64議席には届かない推計となった。

今回はあくまで各選挙区ごとの情勢調査で分量を取るので、詳しい分析については、また別にコラムを書くことにしたい。

民進党は18議席から5.8議席と大幅減。

共産党も17議席から9.6議席、以下、日本維新の会が2.2議席、東京生活者ネットワークが1.7議席、無所属と諸派で1.0議席となった。

図表: 都議会議員選挙各党議席獲得予測

170605コラム 図1

出典: 筆者作成

千代田区・中央区・港区・新宿区の情勢

ここからは選挙区ごとに見ていく事にしよう。

都議会のドンと言われた自民党の内田都議のお膝元である千代田区は都議選の最重点選挙区と位置づけられていたが、内田氏の引退、千代田区長選挙の結果を受け、都民ファーストが確保する可能性が高い。

中央区は、自民党の現職が無所属で出馬、一方で自民党公認に前回みんなの党で出た候補とネジレた選挙区になっている。ここに都民ファーストの候補者が決まり三つ巴の争いになりそう。

港区の2議席は自民が1議席を確保した上でもう1議席を都民ファーストの2名と自民で争う形になりそう。

新宿区は4議席のため、都民ファースト、自民、公明で1議席ずつ確保した上で、最後の1議席を自民の2議席目と共産が争う形になりそう。

図表: 選挙区ごとの候補者一覧(千代田区・中央区・港区・新宿区)

170605コラム 図2

出典: 筆者作成

文京区・台東区・墨田区・江東区の情勢

文京区はオーソドックスな2議席を都民ファーストと自民で確保。

台東区は都民ファーストが2人区に2人出すレアケースで、現職が1議席確保した上で、残り1議席を自民と元自民区議の都民ファーストで争う。

墨田区は3議席。1議席を公明が確保した上で、残り2議席を都民ファーストと自民2人で争う。

今回の構図では、前回より投票率が上がるため、全体として、こうした構図の選挙区においてはボーダーラインが上がり、共産が届かないという選挙区が目立つことになりそう。

江東区は、民進党が議席確保できる数少ない選挙区の1つになる分析。自民は現職の票をうまく配分できれば2議席も可能性があるが、票割りがうまくできずに現職だけの当選となりそう。公明党も確保した上で、残り1議席を都民ファーストと共産で争う形か。いずれにしても下位は混戦になりそう。

図表: 選挙区ごとの候補者一覧(文京区・台東区・墨田区・江東区)

170605コラム 図3

出典: 筆者作成

品川区・目黒区・大田区の情勢

品川区の4議席も公明党、都民ファーストの現職、自民の1議席ずつは手堅く、残り1議席を自民と都民ファーストそれぞれの2議席目と共産で争う形か。民進は前回の2候補分がそのまま合わされば可能性もあるが逆風の中、新人では厳しそう。

目黒区は公明、都民ファーストの元職は手堅く、最後の1議席を自民2人で争う事になりそう。

大田区は最大の8議席。自民と公明が2議席ずつと都民ファーストが1議席確保、共産も1議席は確保できる。その上で残りの4候補者で2議席を争うような構図か。維新は唯一の現職でありこの選挙区で取れるか取れないかは大きい。

この選挙区もそうだが、都民ファーストの候補者は、元維新を維新に、元自民を自民にといった形で意図的にブツけているかのように見える。

図表: 選挙区ごとの候補者一覧(品川区・目黒区・大田区)

170605コラム 図4

出典: 筆者作成

世田谷区・渋谷区・中野区の情勢

世田谷区は、公明がなぜか現職2人の選挙区を1人に絞ってきたので安泰。共産も議席を確保、自民党も2人は確実に議席が取れるのではないか。この選挙区もそうだが、今回の都議選は総じて民進党が大幅に減少する構造になったこともあり、都民ファーストが票を伸ばしても自民の票が減る構造にならなくなっているように見える。一方で、都民ファーストのような空中戦をベースにした政党の票は一方に偏る可能性が高い。こうした選挙区で複数当選できないと、一定の数以上に増えない構造になってしまう。

渋谷区の2議席は自民が1議席確保した上で、残り1議席を都民ファースト2人で争う形になりそう。

定数減になった中野区の3議席は公明、自民、都民ファーストで綺麗に分けそう。

図表: 選挙区ごとの候補者一覧(世田谷区・渋谷区・中野区)

170605コラム 図5

出典: 筆者作成

杉並区・豊島区・北区の情勢

杉並区の6議席も公明、共産、自民の1議席も手堅く、残りの3議席のうち1議席を都民ファースト同士で争い、残り2議席を残りで争う構造になるか。結果論だが民進党は1人に絞れば取れるが、また複数立てて共倒れの可能性もある。

豊島区は3人区のため共産が届かないので、都民ファースト、公明、自民が綺麗に分ける。

定数減で3議席となった北区は、調査を見ても都民ファーストが一人飛び抜け、残りの2議席を自民、公明、共産で接戦だが、やはり定数3だと共産は厳しいか。

図表: 選挙区ごとの候補者一覧(杉並区・豊島区・北区)

170605コラム 図6

出典: 筆者作成

あわせて読みたい

「東京都議会選挙2017」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  5. 5

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。