記事

朝日はついに何でもありの状態に

朝日新聞の今朝の一面トップ。

前川喜平・前文科次官が一方的に言っている内容を掲載。

前川氏以外に裏付けは取れていない。

これでは、前川氏が恣意的に何を言っても、裏付けを取らずに記事にできることになる。

朝日は文書問題で、前川氏が持ち込んだことを隠し、「どこかから手に入れた文書」を前川氏に確認するという、前川氏に一人二役をやらせる禁じ手を使った。

そして、今日の一面。

朝日の心ある記者に問いたい。これでは朝日が痛手をこうむった過去の繰り返しではないか。

前川氏の文書や証言の嘘が証明された場合にどうするのか。

社が潰れるほどの大騒動になる。

もし前川氏の証言や文書の存在を証明したいのなら、ダブルチェックをすべきではないか。

前川氏が信用できないのは、昨日のTBSラジオで、自分がメディアに文書を持ち込んだことを隠し、「現職のときに確実に手に取って見た文書だ。存在している」と話していることでも明らか。

朝日自らがよく知っていることではないか。

ジャーナリズムの基本に立ち返るべきだ。

これでは「朝日はプロパガンダ紙」と言われても反論できないのではないか。

『「総理は言えないから私が」と首相補佐官が…前次官証言』(朝日新聞)

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5Y6FFKK5YUTIL04R.html?iref=sptop_8_01

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  2. 2

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  4. 4

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  5. 5

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  7. 7

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  8. 8

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  9. 9

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  10. 10

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。