記事

ネットで「勝ち組」になる成功の方程式は変わる?

1/2
ドナルド・トランプが去年の11月8日に大統領に当選したとき、「えっ!?」という驚きの声が上がりました。

我々は普段、フェイスブックからニュースを絶え間なく取得しているわけだけど、それを見る限りヒラリー・クリントンが劣勢だとは思えなかったからです。

しかしフェイスブックは、同じ興味、同じ価値観、同じ境遇を共有する仲間を中心としたつながりであるため、自ずと同じフィルターを通したニュースばかりを共有する結果になってしまっていることに、我々は無頓着だったわけです。

また、フェイスブック・ユーザーの注意を惹く、ありえないような作り話も、真偽を問わず、面白がってどんどんシェアされました、いわゆるフェイク・ニュースが跋扈したわけです。

案の定、大統領選挙の後で、そのようなフェイク・ニュースを無差別にタレ流ししたフェイスブックに対し、ユーザーからの突き上げがありました。

またその頃を境にして、ユーザーがフェイスブックやツイッターなどのプラットフォームを見る目、ひいてはユーザーが影響力のある(=それはすなわちフォロワー数の多い)発言者に対する風当たりも強くなったように感じます。

ちょうどその頃、僕は友人の田端信太郎君に一冊の本を「読んでみなさい!」とレコメンドしました。

この本です。

エゴを抑える技術 (フェニックスシリーズ)
エゴを抑える技術 (フェニックスシリーズ) [単行本(ソフトカバー)]

なぜこの本を彼に推奨したかは、一番後に書きます。

それは置いておいて、このやりとりと相前後して、僕はSNSの使い方を大幅に改変しました。

まずツイッターのフォロワー数を、バッサリと落としました。それからフェイスブックも「フォローから外す」のボタンをどんどん押して、どうでもいいアップデートに煩わされ、時間を浪費することの無いように、どんどん数を絞り込んだのです。

実は、これは僕だけがやっていることではなくて、こちら(=アメリカ)のユーザーの多くが、別に示し合せるでもなく、自発的にやりはじめたことです。

ここまでのネット社会は、ひとことで言えばアテンション・ベースト・ビジネスモデルでした。

つまりアドセンス、YouTube広告、フェイスブック広告などは、いずれもユーザーのアテンション(=目に止まる事)を糧として、広告収入を得てきたのです。

言い換えれば、こんにちのインターネットは広告モデルで駆動されているということです。

広告モデルが今日の王道である以上、アテンションをゲットできる発信者が王様、ないしは王女様です。

僕がイケダハヤトはあちゅうのやっていることをつぶさに観察する理由は、アテンションをゲットする術を彼らが心得ており、そこに「学び」があるからです。

ツイッター、インスタグラム、ブログ……これらは誰でも簡単に始めることが出来るので、参入障壁は、ありません。

だから一見、イケダハヤトのような有名ブロガーになるのは、とても簡単なような印象を受けます。

しかし……

これはたぶん読者のみなさんも既に試行済みだと思いますが、実は継続的に読者のアテンションを惹きつけ続けるのは、それほど簡単ではありません。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  2. 2

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  4. 4

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  5. 5

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

  6. 6

    安倍首相の粛清に怯える議員たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    倉持由香 人生初の遺書で覚悟

    倉持由香

  8. 8

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  9. 9

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  10. 10

    ひろゆき流 不味いタバコで減煙

    西村博之/ひろゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。