記事

「障がい者」に付与されるイメージを超えた原宿のカフェ「ローランズ」の挑戦〜

ゴールデンウィークが明けた5月8日、原宿駅から少し入ったところにある閑静な住宅街に、あるカフェがオープンした。名前は「ローランズ social flower & smoothie shop」。花屋さんに併設されたおしゃれな店内で、色とりどりのスムージーやスープなどの軽食が楽しめる。

撮影:北条かや

実はこのカフェ「ローランズ」、軽度の障がいのある人たちが働く福祉事業所でもある。民間企業で働くことが難しい障がい者を対象に、国が就職の場を提供する「就労支援事業」のひとつだ 。しかし、世間一般の人たちが抱く「福祉事業所」と、ローランズの店内は全くイメージが異なる。やや誤謬があるかもしれないが、あまりにもオシャレで華やかで、都会的なのだ。

働く障がい者の月給は全国平均「6万7795円」

オープニングセレモニーで挨拶する女優の東ちづるさん(撮影:北条かや)

「ローランズ social flower & smoothie shop」ではオープン初日の5月8日、一般社団法人ローランズグループと事業を共同で進めてきた日本財団や、女優の東ちづるさんなどが集まってオープニングセレモニーが行われた。

現在、全国の福祉事業所(就労継続支援事業A型、注1参照)で働く障がい者の平均月給は、わずか6万7795 円。ローランズではこの2倍近い「月給13万円」を目指すという。都心のカフェで、人件費や施設維持費を払いながら人件費を上げていくのは至難の技。そもそも「福祉事業所」を都心の一等地に作るところから、相当の苦労があったようだ。ローランズグループの福寿満希代表は語る。

「事業所のテナントを見つけるまでの道のりは大変でした。条件面でオーナーさんとの折り合いがつかず、都心での開店をあきらめかけたこともあります」

都心は賃料が異様に高いこともあるが、もしかしたら「福祉事業所」という存在が、都心の「おしゃれなビルのテナント」として受け入れられづらかったのだろうか。だとしたらあまりにも不条理である。福祉事業所は、国の助成を受けられるとあって全国で増えているが、どちらかといえば郊外や地方に多く、おしゃれで洗練されたイメージとは程遠い。障がいを持つ人たちは、華やかな街中に出てくることすら許されないのだろうか。取材しながら憤りを感じていたら、このカフェを取材するまで、筆者の中にもまた、ひっそりと暗い「福祉事業所」のイメージがあったことに気がついた。私は何を決めつけていたのだろう。

ビルが寄贈され、念願のカフェオープンへ

日本財団の笹川会長(撮影:北条かや)

福寿さんが都心への出店をあきらめかけていた時、日本財団の紹介で現在の物件が見つかった。原宿に不動産を所有していた女性が、「社会に役立ててもらえるなら」と建物を日本財団に寄贈。日本財団からローランズに有償で貸し出す形で出店が実現した。オープニングセレモニーにも来賓として招かれ、リフォームされた内装を笑顔で眺めていた。

セレモニーが終わると、いよいよ開店。ごった返す店内に長々と居座るのも悪い気がしたが、とにかく居心地が良いのでぼんやりとカフェ店内を眺める。天井にまで溢れる観葉植物の緑が鮮やかで、まるで花屋さんの中にいるような雰囲気だ。細部までデザインセンスが行き届いており、どこを見ても美しい。聞けば店内の全席に電源があり、Free Wi-Fiまで完備されているという。

店内のデザインにかかわったイベントプロデューサーの長井ジュンさんが、「フラワーショップが見える大きなテーブル席がいいですよ」と教えてくれたので、グリーンスムージー(702円)を注文して楽しんだ。隣で談笑していた女性2人が注文していた「季節のフルーツオープンサンド」も見せて頂いたが、どのメニューも色鮮やかで美しい。思わずInstagramにアップしたくなるような、フォトジェニックな雰囲気だ。

「障がい者」と「健常者」が隣り合うような社会が理想

撮影:北条かや

カフェとしては非常におしゃれで居心地の良い場所が、障がい者の働く場所としては「斬新である」ことのギャップにめまいがした。オープニングセレモニーの冒頭で、ローランズの社員である南晴子さんは、緊張しながらも「花が好きなので、こんなに素敵なお店で働くことができて嬉しい」と笑顔を絶やさなかった。ローランズで働くのは軽度障がいを持つ人たちだが、彼・彼女らが働く場所や働くイメージが、いかに制限されてきたかが身にしみて理解できた。

良い意味で「福祉作業所」のイメージとはかけ離れたカフェ「ローランズ」。また訪れたいと思わせる素敵な空間が教えてくれるのは、何をもって「多様な人々が共存する社会」なのかということだ。都心にも、雰囲気の良いカフェにも、当たり前のように障がい者がいていいのに、ブレーキをかけているものは何だろうか。「障がい者への差別意識」とひとことで片付けてしまうのは簡単だが、私はもう一歩考えを進めたい。

そもそも「障がい者」と「健常者」という線引きに、普遍性があるとも思えないのだ。法律上の手続きには必要なカテゴライズかもしれないが、意識の面で「障がい者」「健常者」というのは、それほど重要な線引きだろうか。筆者自身、普段は仕事をしているが、昨年入院した際はとても「健常者」とは言えない時期があった。入院先には就労が難しい人もいたが、場所さえあればうまく能力が発揮できると(自他共に)認める人もおり、自分もまたその1タイプなのだろうと感じた。メガネをかければ矯正視力で生活できる。義足のパラリンピック選手は「普通の選手」より高く跳ぶ。車椅子対応の環境があれば、出かける場所がうんと増える人がいる。育児や介護で、週に数時間なら働ける人がいる。何らかの精神的な事情で自宅から出られないが、何かしたいという人もいる。どこからどこまでが障がい者で健常者か、私は時々わからなくなる。

撮影:北条かや

原宿のおしゃれなカフェから話題がだいぶそれてしまったが、健常者とか障がい者とか、誰がマジョリティかマイノリティかなど関係なく、雑多な人たちが混じり合う社会の方が結局は強くなるのではないかと思う。単一的な社会は排除の論理を正当化するが、その割に脆弱である。「障がい者が生き生き働くカフェ」というキャッチコピーが意味をなさないほど、「障がい者」と「健常者」が隣り合うような社会が理想的ではないか。色々なことを考えさせてくれたカフェ「ローランズ」のメニューは全て魅力的だった。近いうちにまた訪れたいと思う。

1 国が福祉事業所をサポートする「就労継続支援事業」には、「A型」と「B型」の2種類があり、今回取材した「一般社団法人ローランズグループ」はA型。A型は、事業者が障がい者と「直接雇用契約を結ぶ」タイプで、事業者は雇用保険や健康保険などに加入する義務がある。一方、B型は事業者が障がい者と「雇用契約を結ばない」タイプの事業所だ。いずれも働く障がい者に対価は支払われるが、A型の方が平均賃金は高い(厚生労働省「平成27 年度工賃(賃金)の実績について」http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000151206.pdf 参照)。
[ PR企画 / 日本財団 ]

あわせて読みたい

「障害者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    党名変え分裂繰り返す野党は不要

    かさこ

  3. 3

    枝野氏「ツイッター担当が優秀」

    キャリコネニュース

  4. 4

    自公圧勝、改憲手続き進む可能性

    ロイター

  5. 5

    立憲健闘は反小池票集めただけか

    新井克弥

  6. 6

    元都民ファ議員 小池氏にエール

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  7. 7

    このハゲー!豊田真由子氏が落選

    AbemaTIMES

  8. 8

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  9. 9

    自民党が圧勝 単独過半数の勢い

    BLOGOS編集部

  10. 10

    自民の過半数議席の獲得は確実

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。