記事

日本のジャーナリズムは死んだのか

朝日新聞をはじめとするメディアは本当にこれで良いのだろうか。 

ここまでダメになり、ジャーナリズムとも呼べない状態になっていることに失望した。   

前川喜平氏が文科省内の内部文書と称されるものをメディアに持ち込んだ件。   

朝日新聞をはじめとするメディアは、

 ・前川氏が文書を持ち込んだ→文科省の現職職員などに確認→裏付けが取れたので記事に 

という本来メディアが記事を書くにあたって当然にするべきことをせず、 

・前川氏が文書を持ち込んだことを隠して、さも文科省関係者の誰かから文書を入手したとし→前川氏に確認したところ存在する→記事に という、やってはいけないことを行っている。

すなわち読者や国民を欺き、嘘をついていることになる。   

ジャーナリズムの首を自ら絞めていることがわからないのだろうか。 

こんなことがまかり通るならどんな捏造でも記事にできることになる。   

日本のジャーナリズムは死んだのだろうか。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  3. 3

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  4. 4

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  6. 6

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  7. 7

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  8. 8

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  9. 9

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  10. 10

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。