記事

日本のジャーナリズムは死んだのか

朝日新聞をはじめとするメディアは本当にこれで良いのだろうか。 

ここまでダメになり、ジャーナリズムとも呼べない状態になっていることに失望した。   

前川喜平氏が文科省内の内部文書と称されるものをメディアに持ち込んだ件。   

朝日新聞をはじめとするメディアは、

 ・前川氏が文書を持ち込んだ→文科省の現職職員などに確認→裏付けが取れたので記事に 

という本来メディアが記事を書くにあたって当然にするべきことをせず、 

・前川氏が文書を持ち込んだことを隠して、さも文科省関係者の誰かから文書を入手したとし→前川氏に確認したところ存在する→記事に という、やってはいけないことを行っている。

すなわち読者や国民を欺き、嘘をついていることになる。   

ジャーナリズムの首を自ら絞めていることがわからないのだろうか。 

こんなことがまかり通るならどんな捏造でも記事にできることになる。   

日本のジャーナリズムは死んだのだろうか。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  8. 8

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    コンビニのエロ本販売中止に賛否

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。