記事

ネットと共に生きるラジオ

そろそろ衣替えという季節になった今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか?私はというと、前回のコラムで書いたジム通いを続けております。40からの体力づくりと思い始めたのですが、ここまで筋トレにハマるとは正直予想していませんでした。世の中には、予想だにしないことがまだまだあるんだなぁと感じております。

◇15年で大きく変わったラジオを取り巻く環境

ところで、予想だにしないことといえば、ラジオ業界的には15年前には考えもつかなかった、『AMラジオのFM放送化』。そして、radikoの開始が挙げられます。特に、radikoの【タイムフリー機能】は、ラジオの聴取スタイルを変え、「ラジオは同じ時間を共有するもの」という固定観念を打ち破りました。番組をアーカイブ化して後で聞くというスタイルは、ニコニコ動画などが先駆者ですが、それを利権渦巻く地上波のラジオで実現したというのは、業界的には象徴的な出来事でした。

地上波のラジオがいつでもどこでも聴ける。それは、15年くらい前には予想だにしなかった事でした。15年くらい前、2000年代初頭。ラジオは『特別なもの』でした。特別な場所で収録し、特別なスキルを持った人間が制作した番組。そして番組を作るラジオマンは、憧れの職業の一つでもありました。

でも2017年現在、ラジオは特別なものではありません。今はインターネットラジオの普及で、少しの知識があれば、誰でもラジオを作ることが出来ます。
誰でもラジオが作れる時代。素晴らしい時代になったと私は思います。

でも、これは広告的に考えるとラジオ業界にとっては大打撃です。事実、ラジオの広告費の減少は顕著で、2000年に比べると半分にまで減ってしまいました。もちろん、インターネットの普及で、ネット媒体への広告費が増えたのも理由だと思いますが、私はラジオの広告費の減少は、ラジオ局側の油断もあったと考えています。

みなさん、【聴取率】という言葉、ご存知ですか?テレビに視聴率があるように、ラジオには聴取率があります。毎日視聴率を計測しているテレビと違い、ラジオの聴取率は2ヶ月に1度、「スペシャルウィーク」という形で実施されます。各局、様々な特別企画(豪華ゲスト・豪華商品プレゼントなど)を実施し、聴取率を上げようと必死に頑張ります。でも、その結果はじき出される聴取率は、聴取率が一番良いと言われている赤坂某局であっても1%程度…。しかもこの数字は年々どんどん減っています。

聴取率が減ってまず困るのは、ラジオ局の営業です。営業はこの数字を使って、各企業に「うちで広告出しませんか?」とお願いするのですが、企業側もその数字にどれくらいの意味があるかを知っています。微々たる聴取率では、『広告を出しても効果がない』と判断されても仕方がありません。

でも、ラジオの聴取率が減り始めた時代、2000年代初頭、ラジオ業界人は楽観的でした。「聴取率は減ってきているけど、ラジオ番組はうちらしか作れないし」とタカをくくっていたのです。そこに黒船・インターネットラジオが現れます。

◇インターネットラジオをナメていた地上波スタッフ

インターネットラジオは、日本よりも海外で先に火がつき、日本に本格的にやってきたのは2000年代初頭でした。ネット環境があれば、いつでもどこでも聴けるという利点をもつインターネットラジオでしたが、当時ラジオ局の人間の何人が、その利点に気づいていたでしょうか?その時代、私はすでにラジオ制作をしていましたが、聞こえてくる言葉といえば「素人が作ってるんでしょ?」「誰が聞いてるの?」という、批判的な言葉ばかりでした。

ラジオ局の人間だけではありません。ラジオ制作の現場でも、「地上波をやっていないディレクター・作家は一人前ではない」なんて言葉が平気で使われていました。

そして、インターネット広告費がラジオ広告費を大幅に上回った現在…。動画投稿サイトで作品を配信し、子供の「なりたい職業」の上位にユーチューバーが挙がる時代。「ラジオはもはやマスメディアではない」という言葉も聞かれるようになりました。そんな中、起死回生を狙うラジオ業界が打ち出したのが、地上波ラジオを『ネットがあればどこでも聴ける』、『放送後いつでも聴ける』radiko…、完全に立場は逆転してしまいました。

今、ラジオがマスメディアとして生き残るには、インターネットという存在が必要不可欠だと思います。でも、ラジオ業界に必要なのは『ネットをどこまで利用するか』ではなく、『ネットと共に生きる』事だと私は考えます。ラジオという利権に留まりながら『利用する』のではなく、ネットと共に『形を変えてでも生き残る』事…。果たしてそれが出来るのか?謙虚さを持ってネットを学び、変わることができるのか…。それとも時代の流れと共に滅びるのか…答えは15年後に出るでしょう。

あわせて読みたい

「ラジオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  2. 2

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    下村氏の無責任さ 元秘書の嘆き

    文春オンライン

  4. 4

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  5. 5

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  6. 6

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

  7. 7

    橋下氏 東京都の情報黒塗り批判

    橋下徹

  8. 8

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  9. 9

    痴漢で持病の発作を抑えた高校生

    PRESIDENT Online

  10. 10

    籠池氏の詐欺罪起訴は検察の汚点

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。