記事

老後のための貯蓄は個人年金?普通預金?

■「戻り率105%」は年換算だと0.1%

老後のお金を貯めることを目的とした商品に、「個人年金保険」があります。数十年間にわたって保険料を払って老後に年金を受け取る、貯蓄目的の生命保険です。

保険と名が付くと、「保険料を支払い続けなければ」という心理が働きやすく、銀行に預金するより続けやすいメリットがあります。

ただ、老後資金を貯めるのに有利かというと、決してそうとはいえません。

たとえば、40歳男性が60歳から10年間、毎月5万円ずつの年金が受け取れるプランに加入した場合、保険料の月額は2万3808円。総受取額600万円に対し、払込保険料総額は約571万円で、約29万円、受取額が多くなります。

最近は、保険会社が広告などに「戻り率」という指標を記載していますが、これは払込保険料総額に対していくら受け取れるかを示すものです。前述のケースの戻り率は105%で、一見なかなか良さそうだと思われるかもしれませんが、これは20年間、保険料を払い続けたら払込額の105%が戻る、という意味です。

おトク度を測るには年利回りを出す必要があります。前述のプランを換算するとわずか0.1%。0.1%が20年間固定されるので、金融商品として魅力はありません。

バブル期のように金利が高い時期の加入は有利でした。加入が1990年の場合と2015年の場合との違いは図のとおり。予定利率が高いほど保険料が安くなりますが、総額1200万円の年金を受け取るために支払う保険料の合計は、90年加入では約527万円なのに対し、15年加入では約1113万円です。

親に個人年金保険を勧められる人もいます。親世代が若い頃の個人年金保険は予定利率が高く、魅力がありました。しかし、今は状況がまったく異なるということを知っておいてください。

もうひとつ注意したいのは、中途解約すると、ほとんどの場合、解約返戻金が払込保険料総額を下回る、つまり元本割れするということです。教育費が想定以上にかかるなど、保険料の支払いが厳しくなることも考えられますが、解約すると損してしまうのです。

このようなことから考えると、個人年金保険に加入するインセンティブは認められず、預金のほうがいいといえるでしょう。

給与天引きで積み立てられる社内預金や財形貯蓄、銀行の積立預金を利用すれば、半ば強制的に、確実に貯めることができます。預金なら、家計の変化に応じて積立額を調整できるというメリットもあります。勤務先の社内預金、財形貯蓄には、利子補給や積立額の補助が付く例もあります。

積立預金の額がある程度まとまったり、金利が上昇してきた場合は、金利の高い商品に預け替えを検討します。現在、1年定期の金利は0.025%程度ですが、08年には、あるネット銀行の5年定期が1.3%台、個人向け国債(固定5年)が1.2%台など、「金利の小波」がきていました。

金利の小波に乗って預け替えを繰り返すことで、運用のコツをつかむことができ、定年後のまとまった資金の運用でも失敗を避けやすくなります。

----------

深田晶恵
生活設計塾クルー取締役。ファイナンシャルプランナー。1967年生まれ。外資系電機メーカーを経て96年FPに。独立系FP会社取締役として主に個人向けコンサルティング・講演活動。著書に『「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本』ほか。 

----------

(ファイナンシャルプランナー 深田 晶恵 構成=高橋晴美)

あわせて読みたい

「貯金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国大統領をかばう朝日新聞社説

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  3. 3

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  4. 4

    ビッグダディ AV出演の経緯語る

    NEWSポストセブン

  5. 5

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  6. 6

    新卒一括採用への批判は的外れ

    キャリコネニュース

  7. 7

    権力と寝る女?小池氏の素顔とは

    文春オンライン

  8. 8

    ウーマン村本批判は言いがかり

    猪野 亨

  9. 9

    15歳で性被害…元AV女優の自伝本

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「酒で記憶力が良くなる」真相は

    市川衛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。