記事

なぜスタバはセルフレジを導入しないのか?

170527selfregister2

自宅の近くのスーパーにセルフレジが導入されました。普通のレジと同じように店員さんがバーコードを読み取ってくれますが、支払うときには隣のセルフレジに移動して、現金やクレジットカードで自分で決済する方法になっています(写真)。

お店の目的は、レジの待ち時間の削減と、人件費の節約だと思います。自分で機械を使って支払いをするのは、お店の人にやってもらう今までの方法よりも、むしろ気楽です。機械対応ですが、サービスが低下したとは思いません。時間が節約できるので、サービスとしてはむしろ向上しているように感じます。

このようなセルフレジを最も導入してほしいと思っているお店の1つが、スターバックスコーヒーです。私はレジですぐに出してもらえるコーヒー以外は、ほとんど注文しません。テイクアウトが多く、できるだけ時間を短縮してコーヒーを買いたいと思って来店します。ところが、入ってみると大行列に遭遇し、諦めてしまいお店を出てしまうことが少なくないのです。

これは、フラペチーノのようなトッピングを選べる商品をカスタマイズする人が同じ列に並んでいて、注文に時間がかかってしまうことが原因です。時間優先の人はセルフレジで対応して、注文をさばくようにすれば、諦めて帰ってしまう人たちの機会損失を減らすことができるはずです。

セルフレジを導入しない理由が、サービスが低下と考えているからだとすれば、それは誤解です。丁寧な接客を求める人もいれば、とにかく時間短縮こそが最大のサービスと思っている顧客もいるからです。すべてをセルフレジにするのではなく、店員さんと相談しながらカスタマイズサービスを受けたい人は、従来通りのおもてなしを受ければ問題ありません。

お店の機会損失は、欲しい商品が欠品しているということと、もう一つは待ち時間が長くて諦めてしまうこと。セルフレジは後者を解決する解決する有効な手段だと思っています。

人手不足で人件費が上昇している日本において、接客業の省力化は最重要課題です。スーパーだけではなく、コンビニやファストフードのお店などにセルフレジがどんどん広がっていくことを期待したいと思います。

■ 累計17万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年5月27日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  5. 5

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。