記事

【アマゾン】、ドライブスルー専用店舗のアマゾンフレッシュ・ピックアップが一般公開!

■ネット通販最大手のアマゾンはドライブスルー専用スーパー「アマゾンフレッシュ・ピックアップ(AmazonFresh Pickup)」を一般公開し正式にスタートした。ドライブスルー専用スーパーは「ドライブアップ・ストア(drive-up store)」「クリック&コレクト(click & Collect)」とも呼ばれ、利用者がネットで注文した生鮮食品などを、車から降りずに商品を受け取るサービスストア。店の中で買い物ができるインストア・ショッピングはなく、倉庫となる300坪弱の「ダークストア(dark store)」に専用の駐車スペースがついた食料品の受け渡し専用拠点だ。アマゾンフレッシュ・ピックアップはアマゾンスタッフがダークストアで商品の選択と袋詰めを行い、予約した時間に顧客の車まで運んでくれる。

同社によると、注文から最短15分で受け取ることができるという。アマゾンフレッシュ・ピックアップは3月からアマゾン社員のみが利用できるテストを始めていた。アマゾンフレッシュ・ピックアップはソードー地区(2401 Utah Ave S, Seattle, WA 98134)とバラード地区(5100 15th Ave NW, Seattle, WA 98107)にあり、営業時間は午前7時~午後10時まで。手数料はなく最低注文金額の条件や制約もないが、利用できるのは年会費99ドルのアマゾンプライム会員のみとなっている。ネット情報サイトのギークワイア(GeekWire)によるとピーク時のスタッフ数は15人前後となる。ローディング(車への注文品積み込み)専用スタッフは3~5人としている。また待ち時間の平均は5分程度で、客数の4分の1は午後5時~7時30分に集中するとみている。ギークワイアでは、すでにアマゾンフレッシュ・ピックアップを利用した動画をYouTubeにアップしいる。動画ではアマゾンフレッシュ・ピックアップのパーキングに車を停止後、スタッフが本人確認し、オーダーした商品がトランクに詰め込まれるところを映している。クローガーのクリックリストが本人確認等の署名を求めているが、アマゾンフレッシュ・ピックアップでは求められていない。

 アマゾンは食料品の受け渡し専用拠点以外でも大学キャンパス内の受け取り施設を多数開設している。また実店舗展開も加速しており、大型ショッピングモール内の「ポップアップストア(Pop-Up Store)」を32ヵ所を持ち、リアル書店の「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」の7店舗目をNYマンハッタン地区にある「ザ・ショップス・アット・コロンバス・サークル(The Shops at Columbus Circle)」SCにオープンさせている。一方、テストを行っているレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」はシステムの不具合により一般公開が遅れている。


トップ動画:ネット情報サイトのギークワイア(GeekWire)はアマゾンフレッシュ・ピックアップを利用した動画をYouTubeにアップしいる。動画ではアマゾンフレッシュ・ピックアップのパーキングに車を停止後、スタッフが本人確認し、オーダーした商品がトランクに詰め込まれるところを映している。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。当ブログでは「ダークストアでの展開は難しい」とこれまで何度か解説しました。店の中で買い物ができるインストア・ショッピングがないと「生鮮品は自分の目で選びたい」という満足を得られないからです。ウォルマートもダークストアでの展開は行っていますが、上手くいっていません。全米初のドライブスルー専用スーパー「ズーミン・マーケット」は2年で閉店に追い込まれました。アマゾンの場合、生鮮品・食品以外の商品もピックアップできるのならダークストアでの展開は可能かと考えています。大学キャンパス内のピックアップ拠点のように、返品もできる窓口を備えていれば利用者は増えます。最短15分でのピックアップは難しいでしょうが、例えばアマゾン・エコーなど家電製品など他の商品のピックアップができるのなら「ピックアップ次いでに利用」を掘り起こせます。現在は生鮮品など食品(家庭用洗剤やトイレットペーパー、ゴミ袋なども)のみのテスト展開です。
 ドライブスルー専用スーパーはたまに利用するのはいいのですが、まれな利用では倉庫スタイルでも成立しません。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

  6. 6

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  7. 7

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  8. 8

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  9. 9

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  10. 10

    民進離党止めない大塚代表の狙い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。