記事

日産のスキラッチ副社長のメッセージ

日産自動車副社長のダニエレ・スキラッチ氏は24日、横浜市の日産グローバル本社で記者会見し、目標とする日本での市場シェア2位を確実にすると明言した。

※日産副社長のダニエレ・スキラッチさん

スキラッチ氏は、イタリア生まれで、母国語に加えて、英語、フランス語、スペイン語が堪能だそうです。ダイバーシティを絵に描いたようなビジネスマンですね。

1993年にルノーに入社、営業を含むさまざまな職務を歴任後、2001年にフィアットに入社、イタリアのアルファロメオブランドを統括しました。

02年には、トヨタモーターヨーロッパに入社し、欧州の市場開発担当ジェネラル・マネージャーを務めました。その後、トヨタとレクサス・ブランドの要職を歴任し、11年に日産のグローバルマーケティング、セールスを統括する副社長に就任しました。

この4月からは、日産の日本・アジア・オセアニア事業を担当しています。

スキラッチ氏の役割の一つは、日産にとって長年の課題である「国内市場2位」を確実にすることなんですね。

「大切なのは、国内でのポジションをきちんと維持することです」と、スキラッチ氏は、コメントしました。

日産の16年度の登録車販売台数は前年度から11・1%増えて41万7404台。軽を除いた登録車では2位を獲得しました。

牽引役は、自動運転技術「プロパイロット」を搭載したミニバン「セレナ」と新駆動技術「eパワー」を搭載した小型車「ノート」です。

課題は、16年度に獲得した登録車でのシェア2位を引き続き、維持することができるかどうかです。

「セレナ」「ノート」の成功事例に倣い、「今後もこのやり方を続ける」(スキラッチ氏)ために、17年後半、新型「リーフ」を日本に投入する計画であることを、スキラッチ氏は発表しました。

※日産グローバル本社

電気自動車「リーフ」は、2010年、世界初の量産EVとして日米で販売がスタートしました。次期モデルは、高速道路の単一車線で一定条件下の自動運転をサポートする「プロパイロット」やコネクテッドカーの機能が搭載されます。

「新型リーフは、自動車業界のアイコンです。日産は、EVのリーダーになります」と、スキラッチ氏は新型「リーフ」に期待を込めました。

また、国内市場については、販売台数の伸びが止まったという声がでていますが、スキラッチ氏は国内市場を悲観的には見ていない。

「国内市場は、500万台と安定して推移しています。2016年度は、3%伸びました。今後も大きな減少はないと見ています」

実際、16年度の国内新車販売台数は、前年度比2.8%増の507万7904台となり、2年ぶりに500万台を回復しました。軽自動車は減少したものの、小型車を中心に登録車の販売が伸び、全体ではプラスを確保しています。

日本の自動車メーカーはこのところ、新興国戦略を加速させていますが、グローバル戦略で日本車の強みを示したい日本の自動車メーカーにとっては、足元の国内市場で販売台数を伸ばすことも引き続き重要です。

新型「リーフ」の投入によって、日産が引き続き国内市場2位を維持し、その地位を確固たるものにできるかどうか。それは、日本の自動車メーカーの可能性を占う試金石ともいえるのではないでしょうかね。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  4. 4

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    美濃加茂市長判決で司法の闇見た

    郷原信郎

  7. 7

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  8. 8

    時給400円 人気女性ブランド炎上

    キャリコネニュース

  9. 9

    若者の中国観に議論紛糾する日本

    文春オンライン

  10. 10

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。