記事
  • S-MAX

NTTドコモ、ずっと月額料金が1500円割引になる新料金施策「docomo with」を発表!対象機種を購入すると加入でき、SIMフリー端末で使っても割引可能、子回線なら月額280円からに



NTTドコモが新割引施策「docomo with」を発表!毎月1,500円引きに

既報通り、NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、新たに対象製品を購入した場合に月々の利用料金から毎月1,500円を割り引く料金プラン「docomo with」を2017年6月1日(木曜)より提供開始すると発表しています。

docomo withはスマートフォン(スマホ)などの1つの製品を長く使う場合にお得になる料金プランで、対象製品を購入することで加入でき、月々の利用料金から毎月1,500円が割引されます。ただし、対象製品はこれまで実施されてきた「月々サポート」や「端末購入サポート」といった端末への割引が付かないため、本体価格をそのまま支払わなければなりません。なお、本体価格は一括払いだけでなく、分割払いでもOKです。

対象の基本料金プランはカケホーダイプラン(スマホ/タブ)およびカケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)、シンプルプラン(スマホ)で、これにspモードとパケットパックの契約が必要で、例えば、家族3人でスマホを利用している場合、基本プランとspモード、パケットパックの合計金額が1人当たり毎月平均2,013円から利用できます。1台/1契約のみなら月額3,400円から利用可能。

対象機種は同時に発表された「arrwos Be F-05J」および「Galaxy Feel SC-04J」の2機種のみ。既存機種は現時点では対象にする予定はないようで、今後発表・発売する製品についてはこれらの対象製品の販売状況やdocomo withの契約状況を見て検討していくとのこと。

また発表会のプレゼンテーションでは同社代表取締役社長の吉澤和弘氏から「(対象製品を購入後に)SIMフリーに乗り換えたりして、SIMカードをSIMフリーに差し替えても割引は継続する」と紹介し、特に購入したdocomo with対象製品だけでしか使えないというものではないということです。

なお、すでに対象のarrwos Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jについては本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)が案内されていて、arrows Be F-05Jが28,512円(1,188円/月×24回)、Galaxy Feel SC-04Jが36,288円(1,512円/月×24回)となっています。


その他、2017年7月31日(月)までにdocomo withに契約した場合に抽選でdポイントが最大77,777ポイント(1等:100人)や7,777ポイント(2等:1000人)、777ポイント(3等:10000人)が当たる「docomo withスタートキャンペーン」も実施されます。

arrows Be F-01Jは6月1日発売、Galaxy Feel SC-04Jは6月中旬発売予定。金額は特に記載がない場合は税別。

02
1つのスマホなどの製品を長く使う人のために提供開始

04
一度加入したらプランを変更(docomo withの対象でない製品への機種変更を含む)しない限りずっと毎月1,500円引きに

03
スタートは対象機種のうちの1つであるarrows Be F-05Jが発売される6月1日から

docomo withは1つの製品を長く使う人に向けた新しい料金割引施策です。対象製品を購入することで加入でき、毎月の利用料からずっと月額1,500円が割り引かれます。

対象製品の購入は新規契約および機種変更(契約変更含む)、他社から乗り換え(MNP)のどれでも良く、対象製品を買うことが条件となります。そして対象製品は月々サポートなどの購入割引補助が付きません。

docomo withを契約すれば、スマホ1台の場合にはカケホーダイライト(スマホ)とspモード、データSパックで、複数回線の場合にはシンプルプラン(スマホ)とspモード、シェアパックSが最低利用維持費となり、複数回線の子回線は月額280円からとなります。

【スマホ1台の場合における月額利用料】

 カケホーダイライト:1,700円

 spモード:300円

 データSパック:3,500円

 ずっとドコモ割(15年以上):-600円

 docomo with:-1,500円

 --------------------------------------------------

 合計3,400円

【複数台の場合における子回線の月額利用料】

シンプルプラン:980円

 spモード:300円

 シェアオプション:500円

 docomo with:-1,500円

 --------------------------------------------------

 合計280円

なお、docomo withは申込の必要はなく、ドコモショップや量販店、一般販売店、ドコモオンラインショップにて対象製品を購入すると自動で適用されます。

07

内容的には割引額が1,500円に固定された月々サポートとあまり変わりませんが、月々サポートが2年間(24回)限定だったのに対し、docomo withでは他のプランに変更しない限りはずっと毎月1,500円の割引が受けられます。

また月々サポートのように製品の割引として毎月の利用料から割り引くことで“実質◯円”といっていたものが、総務省のガイドラインによってスマホの新製品については3万円以上だと実質0円などの安い実質価格にできなくなっていますが、docomo withは料金への割引とするためにGalaxy Feel SC-04Jのように3万円を超える製品でも発売時から2年間での計算でもいきなり実質0円(=288円)相当にできています。

これについては同社も総務省に事前に相談などをしていたようで、発表会において担当者に聞いたところでは「SIMフリーや中古の端末でも使えるプランということで総務省のガイドラインをクリアできた」と説明していました。

長く使う人のためなので、長く使うにはもう少しハイスペックなほうが数年後の利用も安心できるでしょうし、もう少し機種が選べるようになる、もしくは、全製品が通常の月々サポートを付ける販売方式と、docomo withのような販売方式を選べるようになると嬉しいと思うところです。

arrows Be F-05J | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Galaxy Feel SC-04J | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

05
現時点では対象機種はarrows Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jの2機種のみ

06

記事執筆:memn0ck



あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  3. 3

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

  7. 7

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  8. 8

    皇后陛下に退位後も仕えたいの声

    NEWSポストセブン

  9. 9

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

  10. 10

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。