記事

管理遊技機という新たな利権構想

1/2
ども宇佐美です。
今回はパチンコの話です。結構きわどい話なので慎重に書きます。

さて現在パチンコ業界の一部と警察庁では「管理遊技機構想」というものが、水面下で進められています。これは過去に「ECO遊技機」などと呼ばれた新方式遊技機構想の看板の掛け替えなのですが、今回の「管理遊技機」という名称は、現在ホール単位で管理されている個別の遊技機の情報を、「不正防止」という名目で第三者のデータセンターで中央管理する方式に転換しよう、という文脈で用いられています。

これまで、個別のパチンコ遊技機はホールコンピューターとのみ繋がっており外部との接続がなかったため、しばしばホール単位で不正事案が起きていたのですが、この中央管理方式に変われば「ホールを見張る第三者の認証が介在する」ため不正を撲滅できるというのが導入側の主張です。

ただ警察庁としては、ホールの不正はそもそもホールを中心に取り締まれば済む話ですし、個別の遊技機にホール外部との通信機能を持たせると逆に外部からの不正・ハッキングにもつながりかねないため、この新遊技機構想について否定的な見解を取ってきました。もっともな指摘です。しかし今年に入り警察庁の態度が変わり始め、2017年2月に警察庁保安課は「克服課題への対処が適切になされ、射幸性の管理に資する仕組が備われば、依存防止のための施策にも成り得るので要検討」と発言し、初めて条件付きながら管理遊技機構想に前向きな見解を示しました。

こうした警察庁の急な態度の変化の背景には、ギャンブル依存症対策のための風営法の規則改正を見越した一部パチンコメーカー、パチンコ設備メーカーの強烈な働きかけがあります。当然管理遊技機なるものはギャンブル依存症対策の文脈では罹患者側が誰も求めていないことでして、一言で言えば「パチンコ業界がギャンブル依存症対策のどさくさに紛れて新たな利権構造を作ろうとしている」というところです。

18

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  3. 3

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  4. 4

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

  5. 5

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  7. 7

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  9. 9

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。