記事

村田諒太タイトル獲得ならず ~ ボクシングの罠にはまった村田

新チャンピョンが一度に3人誕生するという、日本ボクシング界にとって歴史的な日になるはずだった

しかし、トリプルタイトルマッチのトリを飾った主役の村田諒太が、採点競技でもあるボクシングの罠にはまってしまった。

格闘技ボクシングとしてみれば完全に村田諒太が勝者だったバズだが、マストシステムを採用する採点競技ボクシングでは、苦し紛れのパンチを含めて手数を出し続けた相手に勝利を手にすることは出来なかった。

皮肉なことは、アマの頂点を極めたオリンピック金メダリスト村田諒太が、アマチュアに近付くプロボクシングの採点方法の前に世界でチャンピョン目前で敗れ去ったこと。

問題は、終始圧力を掛け続け、格闘技としてのボクシングでは勝者だった村田が、これまでのスタイルを変えるかどうかだ。今のスタイルでKOできれば問題はない。しかし、今のボクシングスタイルでは判定になった場合負けるリスクのあることが明らかになった。

今回の判定を「疑惑の判定」と割り切って今のボクシングスタイルを続けるのか、判定になったら負けるリスクがあると考えてボクシングスタイルを変えるのか。

プロボクサー村田諒太にとって今回の試合は大きな分岐点となるかもしれない。村田諒太が今回の結果をどのような形で受け止めて再起してくれるかが、ファンとして最大の楽しみだ。

あわせて読みたい

「ボクシング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  5. 5

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  6. 6

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  7. 7

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  8. 8

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  9. 9

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

  10. 10

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。