記事

虐待と向き合う児童相談所の葛藤 #1 50年後のずばり東京――親、子供、社会の板ばさみ。職員たちの使命感とは? - 稲泉 連

1/2

世間、保護者、当の子供たち――さまざまな人の批判にさらされる児童相談所。虐待の凄惨さや課題・問題はときおりメディアで報じられるが、本稿ではそうした社会問題ではなく、“東京で働く人々の日常の1コマ”として児相の現実に迫る。
(出典:文藝春秋2017年5月号・全3回)


稲泉連氏 ©文藝春秋

 日暮里・舎人(とねり)ライナーの「江北」駅を降り、車の往来が多い道を10分ほど歩く。

 道沿いの学校の近くで路地に入ると、それまでの喧騒が嘘のように辺りは静かになった。そんな閑静な町の一角に、目的地である赤レンガ風の2階建ての建物・東京都足立児童相談所はあった。

 東京都には全部で11の児童相談所があるが、そのなかで足立児童相談所は東部の足立区・葛飾区を管轄している。貧困や中高生の非行に端を発する相談、子供が3人以上いる多子家庭における虐待の事例が比較的目立つ地域だという。

最長二ヶ月、帰れない子供たちの「一時保護所」

 施設内に入ってすぐ、ロビーの壁に並べて貼られていた子供たちの絵日記に目を引かれた。

〈今日、クリスマス会で一番面白かったことは、所長さんと係長さんがへんなおしばいをしたことです〉

〈チョコレートタワーを使ったましゅまろとかチョコバナナやチョコリンゴがおいしかったです〉

 などの1枚1枚に、印象に残ったシーンが描かれている。

 この相談所の2階には、小学生から高校生までの子供たちを預かる「一時保護所」がある。

 相談所には虐待や養育の困難な家庭の子供に対して、所長による「職権保護」が認められている。例えば殴られた傷の痕や痣があり、虐待の疑いが濃厚な場合、彼らは子供を保護する。その上で家庭が子供を帰せる状態にあるかどうか、そうでなければ児童養護施設や里親の元へ行くかなど、両親との話し合いが始まる。子供たちは行き先が決まるまで、最長で2か月間をこの保護所で過ごすことになる。

 ロビーに貼られていた絵日記は、そうして一時保護された子供たちの手によるものだった。全て前年のクリスマス会の模様で、所長と保護係長の2人羽織、中学生のハンドベル、小学生たちのダンス――と様々な催し物があったようだ。その日は食事も特別で、チョコレートフォンデュも楽しんだという。

「あの2人羽織はクリスマスに3年連続でやっているんです」

 相談所の所長を務める大浦俊哉が、少しテレ臭そうに言った。

「着物を被って、私はからし一杯の蕎麦、係長はタバスコ入りのスパゲティを食べました。辛かったけれど、大盛り上がりだったんですよ」

世間、保護者、子供たち―板挟みになる児相

 数多ある国や都の行政機関の中で、児童相談所は批判にさらされることの多い組織だろう。彼らの仕事は虐待死事件が起これば「児相はなぜ気づけなかったのか」と世間から非難され、一時保護をすれば「子供を拉致した」と保護者から詰(なじ)られる。そして当の子供たちもまた、ルールの厳しい一時保護所での日々を、後に嫌な思い出だったと振り返ることが多いのである。

 児童相談所では所長を筆頭に、様々な相談に応じるケースワーカーである児童福祉司、子供たちの心理判定を行う児童心理司などが働いている。足立児童相談所には33名の児童福祉司がおり、社会福祉士、心理司やケアワーカー、調理職員がさらに32名、他にも精神科医や小児科医、弁護士、警察OBといった非常勤の職員がかかわっている。

 その取り組みはメディアでもときおり報じられるが、多くは家庭での虐待の凄惨さや、児童相談所の抱える課題や問題を描いたものだ。この「ずばり東京」の依頼を受けたとき、私は彼らの仕事を「社会問題」としてではなく、東京で働く人々の日常の1コマとして書いてみたいと思った。そうして話を聞く中で出会った1人が、足立児童相談所の所長である大浦であった。

深夜に鳴る携帯電話「一時保護よろしいですか?」

 彼によれば近年、特に頭を悩ませているのは、夜間に警察官に保護されてやってくる子供が、連日のようにいることだ。

 すでに辺りが寝静まった深夜、大浦の公用の携帯電話には、夜間の虐待通告を受け付けている「東京都児童相談センター」(北新宿)から日常的に着信がある。そのほとんどが「一時保護よろしいですか?」というものだ。

 センターの担当者から伝えられる内容は様々だ。

 家から閉め出された本人が交番に来た、東京都の外からの家出、親との関係が上手くいかず、家庭内暴力を恐れた父親が家の戸を閉ざしている……。

「警察の方も一度は自宅に行って保護者と話したのですが、家には入れないと拒否されたそうです」

 話を聞いて妥当と判断した場合、彼は所長権限で保護を許可するのである。

学校にも通えない、宙ぶらりんな子供たち

 保護所での子供たちの1日は次のようなものだ。

 6:45 起床と掃除
 7:30 朝食
 9:30 朝会、学習
 11:45 昼食
 13:30 運動
 16:40 入浴
 17:45 夕食
 21:00 日記記入
 21:30 就床

 地域社会から「一時保護」という形で引きはがされた彼らは、学校に通うこともできないまま、しばらくこのような日課に従って暮らす。

 だが、児相が通告を受けて子供を保護すると、保護者と激しい対立関係が生じることも当然ながら多い。話し合いが長引けば長引くほど、子供たちは宙ぶらりんの状況に置かれてしまう。先行きが分からないまま不安な日々を送るのは当の子供たちである。

「確かに彼らにしてみれば、全く自由なところから生活に制限のある保護所に来るわけですから、『保護所はきつかった』という感想は正直なところでしょう」と大浦は言った。

「でも、私としては、それでもいろんな多様な体験や成功体験を、一つでもいいからここにいる間にさせてあげたいんです。食育を取り入れたり、クリスマス会をしたりというのもその試行錯誤の一つでして」


足立児童相談所

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川氏逮捕も? 悪夢は繰り返すか

    田中龍作

  2. 2

    飲み会でポテト注文して上司激怒

    キャリコネニュース

  3. 3

    朝日が加計報道で犯したタブー

    和田政宗

  4. 4

    出会い系バー疑惑を払拭する方法

    井戸まさえ

  5. 5

    朝ナマはTVで最も公共性が高い

    小林よしのり

  6. 6

    やる気ない社員が日本に多い理由

    内藤忍

  7. 7

    プレ金を失敗と言わぬ官僚の忖度

    猪野 亨

  8. 8

    たけし軍団「AV女優全員ヤッた」

    文春オンライン

  9. 9

    前川氏の自滅で加計騒動は終了?

    ヒロ

  10. 10

    加計問題にみる官邸権力の強大化

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。