記事

ロシア疑惑捜査、ホワイトハウス高官に当局が関心=米紙

[ワシントン 19日 ロイター] - 米ワシントン・ポスト紙は19日、関係筋の話として、昨年の米大統領選挙でのトランプ陣営とロシアとの関係を巡る捜査で、捜査当局がホワイトハウス高官でトランプ氏に近いアドバイザーを務める人物に関心を示していると報じた。

同紙は関係筋はこれ以上の詳細は明らかにしていないとしている。

これについて、スパイサー報道官は「トランプ大統領がこれまでに述べているように、大統領陣営と外国団体の共謀は一切なかったことが、徹底した捜査で確認されるだろう」とした。

こうしたなか、トランプ氏がホワイトハウスで行ったロシア当局者との会合で、コミー前連邦捜査局(FBI)長官の解任によって、ロシアによる米大統領選関与疑惑を巡る捜査に絡む「大きな圧力」が軽減されたと語っていたと、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が19日、会合の内容を要約した文書に基づき報じた。

NYTによると、トランプ大統領は「FBI長官を解任した。彼は常軌を逸しており、まさに変人だった」とし、「ロシアのためにかなりの圧力に直面していたが、それが取り除かれた」と語った。

同文書は大統領執務室で記されたメモを元に作成されたもので、米高官がNYTに対し読み上げたものという。ロイターは現時点で、NYTの報道の正確性を確認できていない。

これについてスパイサー報道官は「コミー氏は、ロシアの対応への捜査を派手に行い、政治化することで、ロシアと関与し交渉するわれわれの能力に不必要な圧力をもたらした」とした。

*写真を更新しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  2. 2

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  3. 3

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  4. 4

    大阪の大型地震「初めはドーン」

    THE PAGE

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    盗聴取材の共同記者に真相直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    レスリング騒動は栄氏だけが悪か

    舛添要一

  8. 8

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  9. 9

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  10. 10

    イオン苦境 要因は衣料品の不振

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。